国立感染症研究所

感染症法に基づく侵襲性インフルエンザ菌感染症の届け出状況, 2013~2018年

国立感染症研究所
2019月1月15日現在
(掲載日:2019年2月21日)

侵襲性インフルエンザ菌感染症(IHD)は、2013年4月から感染症法に基づく五類感染症全数届出の対象疾患となった。感染症法上の届出の定義は、Haemophilus influenzaeによる侵襲性感染症として、本菌が髄液又は血液などの無菌部位から検出された感染症とされている(届出基準、届出票については、https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou11/01-05-44.html参照)。2016年11月から届出基準における診断に用いる検体の種類が追加され、血液・髄液からの検出に加え、その他の無菌部位からの検出も含まれるようになった。

国の感染症発生動向調査(National Epidemiological Surveillance of Infectious Diseases:NESID)では、2013年第14週から2018年第52週に1,729例のIHD症例が報告された(2019年1月15日現在のデータを利用)。報告数は経年的に増加傾向を示した(図1)。IHD症例の届出時点での死亡の頻度(ここでは致命率とする)は、2013年から2018年までは5.6~8.3%であった(表1)。

2016年1月に発症したnon-typeable Haemophilus influenzae心膜炎の1歳児例

IASR-logo

2016年1月に発症したnon-typeable Haemophilus influenzae心膜炎の1歳児例

(IASR Vol. 37 p. 141-142: 2016年7月号)

無莢膜型インフルエンザ菌(non-typeable Haemophilus influenzae,  以下NTHi)は, 健常小児の保菌が多く, 中耳炎や副鼻腔炎, 気管支炎等の非侵襲性感染症の原因菌として認知され, 侵襲性感染症を生じることは稀であると考えられている。2016年1月に我々はNTHiによる化膿性心膜炎の1症例を経験したので報告する。

高知市内の急性期病院で発生した無莢膜型インフルエンザ菌による急性呼吸器感染症の集団感染事例

IASR-logo

高知市内の急性期病院で発生した無莢膜型インフルエンザ菌による急性呼吸器感染症の集団感染事例

(IASR Vol. 37 p. 113-115: 2016年6月号)

はじめに

無莢膜型インフルエンザ菌(non-typable Haemophilus influenzae: NTHi)は成人の下気道感染の原因として重要であるが, 施設内での集団感染は比較的まれである1,2)。これまで集団感染時にみられる症例の臨床像と感染リスク因子については十分に解明されていない。

IASR 35(10), 2014【特集】侵襲性インフルエンザ菌・肺炎球菌感染症 2014年8月現在

IASR-logo
 
The topic of This Month Vol.35 No.10(No.416)

侵襲性インフルエンザ菌・肺炎球菌感染症 2014年8月現在

(IASR Vol. 35 p. 229-230: 2014年10月号)

2013年4月1日の感染症法改正において「侵襲性インフルエンザ菌感染症」と「侵襲性肺炎球菌感染症」が5類全数把握疾患に追加された。医師は診断後7日以内の届出が義務付けられている(届出基準はhttp://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou11/01-05-44.htmlおよびhttp://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou11/01-05-09-02.html)。

英国でのHib の血清分析、2009年

logo40

英国におけるHibの血清抗体分布、2009年

(IASR Vol. 34 p. 209: 2013年7月号)

 

イングランドとウェールズで、Haemophilus influenzae type b(Hib)の発生が最も少なかった2009年にHib の抗体分布状況が調べられた。健康保護庁の血清疫学ユニットにNational Health Serviceの病院から集められた通常検査の残血清 2,693検体(6~11カ月 104、1~4歳 653、5~14歳 990、15~24歳 343、25~44歳 301、45~65歳 121、65歳以上 181)について抗莢膜多糖体(PRP) IgGを調べたところ、小児には十分な免疫があると考えられた。1~4歳は中央値2.65μg/mL、5~9歳は1.95μg/mLと高値で、1993~1994年の調査、1995~2001年の調査よりも有意に高かった(p <0.01)。一方10代は0.54μg/mLと、前回調査に比べ抗体価は下がっていたが、成人の0.16μg/mLに比べ有意に高かった。成人は予防接種を受けていない可能性が高く、51%が短期間の予防を可能にする抗体レベル(0.15μg/mL以上)すら持たなかった。流行が抑えられている第一の理由は、2003年と2007年の就学前ブースター接種を含む多様なワクチンキャンペーンにより10歳までの小児が十分な免疫を得たことによると考えられる。一方、10歳以上の免疫が低いことから学童期頃のブースター接種の必要性が示唆される。

 

(Euro Surveill. 2012;17(46):pii=20313)

最終更新日 2016年9月05日(月曜)13:19

参照数: 8320

Copyright 1998 National Institute of Infectious Diseases, Japan

Top Desktop version