国立感染症研究所

img01

 

img02  2006年4月1日以降、定期の予防接種としては麻疹・風疹混合生ワクチン (measles-rubella:MRワクチン)の接種が開始となり、 同年6月2日から下記の年齢での2回接種となりました。

 第1期、第2期を過ぎてしまうと定期の予防接種として受けられなくなってしまいます。 小学校の入学前に接種がすんでいるかどうかを確認しましょう。


 第2期でまだ麻疹と風疹の予防接種をそれぞれ2回ずつ受けていないお子さまは、 かかりつけ医とよく相談し、2018年3月31日までに受けましょう。

ポスターのダウンロード(PDF 942KB)

img03接種医療機関に関しては、お住まいの市町村(特別区)にお尋ねください。

 

(IDSC更新 2017/4/11 )

Copyright 1998 National Institute of Infectious Diseases, Japan

Top Desktop version