国立感染症研究所

IDWR 2017年第14号 注目すべき感染症 「麻しん 2017年第1〜14週」

麻しんは、高熱、全身の発疹、カタル症状を特徴とし、空気感染を主たる感染経路とする感染力の非常に強いウイルス感染症ですが、事前に予防接種を受けることで予防が可能です。 感染症発生動向調査週報「IDWR」2017年14号では、「注目すべき感染症」として麻しんを取り上げています。下記のリンクからIDWR 2017年14号のPDFファイルをダウンロードし、「注目すべき感染症」(P.7-9)をご覧ください。


  IDWR 2017年14号ダウンロード(32p)

 

idwrhead-top2015-02

Copyright 1998 National Institute of Infectious Diseases, Japan

Top Desktop version