国立感染症研究所

 Q7. 日本脳炎ワクチン未接種者に対する対応について

 日本脳炎について教えてください。1期を何も受けずに、2期を9歳で接種希望の方に対し2期としてワクチン接種してよろしいでしょうか。


(神奈川県 保健師 女性)

 答え

  平成22年度は、3歳のお子様については積極的な勧奨が再開されていますが、http://www.mhlw.go.jp/qa/kenkou/nouen/index.html、その他の1期の対象年齢の方(生後6か月~90か月未満)については、積極的な勧奨は行われていないものの、定期接種として接種が可能です。

 今回ご質問の方は9歳とのことですので、1期の対象年齢は既に過ぎており、2005年の積極的勧奨の差し控えにより、受けそびれた方に該当されるのかと思いますが、今後、このような方への接種方法についても、方針が定められると思います。

 残念ながら、2010年6月現在、2期の定期接種として乾燥細胞培養日本脳炎ワクチンが使えるという状況になっておりませんが、こちらについても、定期接種として接種が可能となるよう、現在、検討が行われているところです。

 なお、昨年度の研究班で、乾燥細胞培養日本脳炎ワクチンに関する追加接種の有効性・安全性の検討が行われ、5月にワクチン添付文書の改訂が行われていますので、定期外接種(任意接種)として、この年齢の方が乾燥細胞培養日本脳炎ワクチンの接種を受けることは可能です。

 東南アジア等、日本脳炎が流行している国http://www0.nih.go.jp/vir1/NVL/JEVMeeting.htm(日本脳炎発生地域の世界地図)に渡航する予定のある方については、定期接種、定期外接種(任意接種)にかかわらず、日本脳炎を予防するという観点から、乾燥細胞培養日本脳炎ワクチンを受けてから渡航された方が良いと思われます。

(2010/7/21 IDSC 更新)

Copyright 1998 National Institute of Infectious Diseases, Japan

Top Desktop version