国立感染症研究所

わが国の成人における血清型12F侵襲性肺炎球菌感染症の疫学・臨床像

epi 2019 1Epidemiological and clinical features of invasive pneumococcal disease caused by serotype 12F in adults, Japan.

Shimbashi R, Chang B, Tanabe Y, Takeda H, Watanabe H, Kubota T, Kasahara K, Oshima K, Nishi J, Maruyama T, Kuronuma K, Fujita J, Ikuse T, Kinjo Y, Suzuki M, Kerdsin A, Shimada T, Fukusumi M, Tanaka-Taya K, Matsui T, Sunagawa T, Ohnishi M, Oishi K, and the Adult IPD Study Group.

PLoS ONE 14(2):e0212418.

国内10道県での成人侵襲性肺炎球菌感染症(invasive pneumococcal disease; IPD)サーベイランスにおいて、2015年以降に血清型12F IPDが増加し、2016年〜18年には血清型の割合が最多(12〜16%)となった。

12F IPD症例(n=120)と非12F IPD症例 (n=1157)を比較解析した結果、12F IPD症例は65歳以上の割合、併存症の割合が有意に少なかった。両群の致命率に差はなかった。また、12F IPD死亡例(n=17)では非12F IPD症例(n=205)に比較して、65歳未満、菌血症の割合が有意に多かった(図)。この所見は、既報の高侵襲性血清型(1,5,7)によるIPDの臨床像と同様であることから、12F血清型は高侵襲性と結論した。

 epi 2019 1 

図:肺炎球菌血清型12Fは高侵襲性である

Copyright 1998 National Institute of Infectious Diseases, Japan

Top Desktop version