印刷
参照数: 18268

この記事の評価: 5 / 5

Star ActiveStar ActiveStar ActiveStar ActiveStar Active
 

Streptococcus pneumoniae triggers hierarchical autophagy through reprogramming of LAPosome-like vesicles via NDP52-delocalization.

Michinaga Ogawa, Naoki Takada, Sayaka Shizukuishi, Mikado Tomokiyo, Bin Chang, Mitsutaka Yoshida, Soichiro Kakuta, Isei Tanida, Akihide Ryo, Jun-Lin Guan, Haruko Takeyama, Makoto Ohnishi

Commun Biol 3, 25 (2020) doi:10.1038/s42003-020-0753-3

肺炎の主要な原因菌である肺炎球菌は、時に重篤な侵襲性肺炎球菌感染症(IPD)を引き起こす。IPDを起こすためには肺炎球菌が細胞の中を通り抜ける必要があるが、今までに我々は、細胞に侵入した肺炎球菌はゼノファジー(殺菌的オートファジー)により殺菌されることを報告している。今回、我々は肺炎球菌がオートファジーで殺菌されるプロセスに着目した。

 

 

その結果、肺炎球菌に対して複数のオートファジーによる波状攻撃が起きていることを発見した。感染1時間後にちょっと変わったオートファジー(LAPosome)が誘導され、その後に入れ替わるようにゼノファジーが誘導されていた。さらに、その誘導に関与する多くの宿主因子も同定することも成功した。今回の成果は、感染生物学と新規治療法開発、両方の発展に貢献することが期待される。

 

 bac 2020 1

Copyright 1998 National Institute of Infectious Diseases, Japan