印刷
参照数: 15932

この記事の評価: 4 / 5

Star ActiveStar ActiveStar ActiveStar ActiveStar Inactive
 

Estimating HIV-1 incidence in Japan from the proportion of recent infections epi 2020 1.

Matsuoka S, Nagashina M, Sadamasu K, Mori H, Kawahata T, Zaitsu S, Nakamura A, de Souza MS, Matano T. 

Prev. Med. Rep. 2019. 16, 100994.

HIV感染拡大防止に向け、未診断者を含むHIV感染者の動向把握は重要である。WHO/UNAIDSではHIV感染後早期に診断・治療に結び付けることを感染拡大防止の重要戦略の一つとし、診断率を90%以上に上げるという数値目標を設定している。本研究では日本国内のHIV発生数(Incidence)、感染から診断に至るまでの期間、および診断率の推定を試みた。


地域別調査に基づく抗HIV抗体アルゴリズムの解析から、HIV感染後の早期診断率は過去10年間変化がなく、かつ診断率には地域差があることが明らかになった。さらにこのデータを基に日本国内HIV感染者数を推定し、日本国内のHIV診断率が90%に到達していないことを示した。本研究は生体マーカーを活用した初めての日本国内HIV感染者数の推定である。

epi 2020 1 

 

Copyright 1998 National Institute of Infectious Diseases, Japan