印刷
参照数: 61450

この記事の評価: 5 / 5

Star ActiveStar ActiveStar ActiveStar ActiveStar Active
 

Enhanced isolation of SARS-CoV-2 by TMPRSS2-expressing cells.

Shutoku Matsuyama, Naganori Nao, Kazuya Shirato, Miyuki Kawase, Shinji Saito, Ikuyo Takayama, Noriyo Nagata, Tsuyoshi Sekizuka, Hiroshi Katoh, Fumihiro Kato, Masafumi Sakata, Maino Tahara, Satoshi Kutsuna, Norio Ohmagari, Makoto Kuroda, Tadaki Suzuki, Tsutomu Kageyama, and Makoto Takeda

Proc Natl Acad Sci USA (March 12, 2020)

 

vir 2020 022019年12月に中国武漢で発生した新型コロナウイルス SARS-CoV-2による肺炎の流行は、今や世界中に広がっている。TMPRSS2とは、呼吸器上皮に発現している宿主のタンパク分解酵素のひとつである。

 われわれは、この酵素(TMPRSS2)を遺伝子導入技術によって恒常的に発現させたVeroE6細胞を用いることで、SARS-CoV-2を効率よく分離・増殖できることを見出した。この成果は、SARS-CoV-2の肺炎発症にTMPRSS2が関与している可能性を示唆するのみならず、ウイルスの性質の解析、検査技術の開発、治療薬開発、ワクチン開発などに大きく貢献すると考えられる。

本研究は、日本医療研究開発機構(AMED)ならびにJSPS科研費の助成を受けて成されました。

vir 2020 02

 

Copyright 1998 National Institute of Infectious Diseases, Japan