国立感染症研究所

 
IASR-logo

エンテロウイルスD68型が検出された、急性弛緩性脊髄炎を含む8症例―さいたま市

(掲載日 2015/10/15、2015年10月29日更新)  (IASR Vol. 36 p. 226-227: 2015年11月号

エンテロウイルスD68型(EV-D68)は、2014年秋に米国で呼吸器疾患1,153例(2014年8月中旬~2015年1月15日)のアウトブレイクへの関与で注目されているウイルスである1)。米国では同時期に急性弛緩性脊髄炎が120例(2014年8月~2015年7月)と多発し、その一部の呼吸器検体からEV-D68が検出され、関連が疑われている2)。2014年秋は欧州でも呼吸器検体からEV-D68を検出した急性弛緩性脊髄炎3例が報告された3)

IASR-logo

エンテロウイルスD68型が検出された小児4症例―東京都

(掲載日 2015/10/1)  (IASR Vol. 36 p. 193-195: 2015年10月号)

エンテロウイルスD68型(EV-D68)は1962年に発見された呼吸器感染症を呈するウイルスである。日本では2010年と2013年に100例以上の報告があり、2014年に広島県でEV-D68による弛緩性麻痺の報告があった1)。海外では、2014年8月に米国ミズーリ州とイリノイ州でEV-D68による呼吸器疾患のアウトブレイクが発生し、2015年1月までに全米から1,153名の検査陽性患者が報告され、因果関係は確定していないが、14名の死亡例から同ウイルスが検出されている。また、米国コロラド州ではEV-D68による呼吸器疾患のアウトブレイクに関連した12名の弛緩性麻痺あるいは脳神経機能異常を呈した小児患者が報告されている2,3)。 2015年9月、東京都立小児総合医療センターへ気管支喘息様症状による呼吸障害で入院する患者が著しく増加した。これらの喘息様症状を呈した患者で通常の呼吸器ウイルスがPCRで検出されなかったため、EV-D68アウトブレイクを疑い検体を採取した5名のうち4名からEV-D68が検出された。その詳細を報告する。

IASR-logo

エンテロウイルスD-68型が検出された小児・乳児の4症例-広島県

(IASR Vol. 35 p. 295- 296: 2014年12月号)

エンテロウイルス68型(EV-D68)は、1962年に米国カリフォルニア州において初めて、気管支炎や肺炎の小児患者4名から分離されたウイルスであり、検出頻度が少ないことから、極めて稀な呼吸器感染症の原因ウイルスの1つであると考えられてきた1)。わが国では、2005~2010年までは毎年数例のみであったが、2010年と2013年は100例を超えて報告されている(https://nesid4g.mhlw.go.jp/Byogentai/Pdf/data60j.pdfおよびhttps://idsc.niid.go.jp/iasr/virus/graph/ev2-0110.pdf)。広島県では、近年、4名の小児および乳幼児患者からEV-D68を検出しているので、それら症例の概要を報告する。

IASR-logo

<速報>エンテロウイルス68型に関する主な知見と国内の疫学状況のまとめ(2014年11月4日現在)

(掲載日 2014/11/13)

病原体
エンテロウイルスは、ピコルナウイルス科エンテロウイルス属のエンベロープをもたないRNAウイルスである。エンテロウイルス属には、ポリオウイルスや、無菌性髄膜炎の原因となるエコーウイルスや手足口病の原因となりうるエンテロウイルス(EV)71型などが含まれる。エンテロウイルス属はさらに遺伝子型によりEnterovirus A~H (species)に分類される。EV68はEnterovirus D に属するためEV-D68とも表記される。EV68は、カプシド遺伝子の塩基配列からEnterovirus D に分類されるが、感染による主要な臨床所見は呼吸器症状であり、増殖至適温度や酸耐性等のウイルス学的性状はライノウイルスに類似している 1, 2)。また、当初、ライノウイルス87型に分類されていた型は、遺伝子解析の結果、EV68に再分類された1, 3)

IASR-logo
 

大阪府における急性弛緩性麻痺患者の検査状況とEV-D68が検出された患者の症例報告

(IASR Vol. 40 p31-32: 2019年2月号)

急性弛緩性麻痺は, 2018年5月1日より「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」(以下, 感染症法と略す)の5類全数把握疾患となった。全国的に第34週より届出数が増加し, 第47週までに118名が報告されている。大阪府内(政令市, 中核市含む)では5名の届出があったが(図1), 大阪健康安全基盤研究所森ノ宮センターでは届出数より多い7名に検査を実施した。これは, 感染症法上の届出の対象年齢外である15歳以上の患者に対しても検査を実施したためである。届出対象外となると, 一般的には行政検査対象となりにくく, このため流行の見逃しにつながるおそれがある。今回, 患者が受診した大阪府保健所管内の医療機関から搬入された3名分のうち2名の呼吸器由来検体からエンテロウイルスD68(EV-D68) が検出された。EV-D68は下気道炎をはじめとする呼吸器症状の原因ウイルスとして知られているが, 近年, 急性弛緩性麻痺との関連が疑われている。検査を実施した3名のうち2名については届出対象年齢外であり, 届出がなされていない。今回, 我々は, 大阪府保健所管内の医療機関で発生した3名の患者の情報とそのうち2名より検出されたEV-D68の近隣結合法による近縁系統樹解析を実施したので報告する。

Copyright 1998 National Institute of Infectious Diseases, Japan

Top Desktop version