国立感染症研究所

インフルエンザA(H7N9)

Influenza A(H7N9)

 

中国において初めて人感染が検出された鳥インフルエンザA(H7N9)に関する疫学情報等を随時更新しています。

鳥インフルエンザA(H7N9)ウイルスによる感染事例に関するリスクアセスメントと対応

平成25年11月5日現在
国立感染症研究所

 

背景

 以下のリスクアセスメントは、現時点で得られている情報に基づいており、事態の展開があれば、リスクアセスメントを更新していく予定である。

 

最終更新日 2013年11月05日(火曜)12:43

参照数: 19236

続きを読む...

鳥インフルエンザA(H7N9)ウイルスによる感染事例に関するリスクアセスメントと対応

平成25年8月30日現在
国立感染症研究所

 

背景

 以下のリスクアセスメントは、現時点で得られている情報に基づいており、事態の展開があれば、リスクアセスメントを更新していく予定である。

 

最終更新日 2013年8月30日(金曜)11:32

参照数: 14893

続きを読む...

鳥インフルエンザA(H7N9)患者搬送における感染対策

2013年7月16日

国立感染症研究所

 

目的

 鳥インフルエンザA(H7N9)患者(疑似症患者を含む)は感染症指定医療機関へ搬送されることが想定される。一般医療機関において、鳥インフルエンザA(H7N9)患者が発生した場合、又はそのような医療機関に患者が直接来院した場合等には、車両等による患者搬送が行われる。患者搬送においては、感染源への曝露に関する搬送従事者の安全確保と、搬送患者の人権尊重や不安の解消の両面に立った感染対策を行うことが重要である。
基本的な考え方は、搬送従事者が、標準予防策・ 接触感染対策・飛沫感染対策・空気感染対策を必要に応じて適切に実施し、患者に対して過度な隔離対策をとらないように適切に判断することである。
※指定感染症である鳥インフルエンザA(H7N9)は原則感染症指定医療機関へ搬送する。

最終更新日 2013年7月16日(火曜)18:27

参照数: 18342

続きを読む...

H7N9検査マニュアル

 

はじめに 

本マニュアルは「鳥インフルエンザA(H7N9)ウイルス検出法」の参考資料として、国立感染症研究所が作成し地方衛生研究所に配布したものを一部改変して公開しているものです。本マニュアルに記載された機材および試薬につきましては、当研究所での使用例として示しており、これらの使用を当研究所が推奨するものではありません。

また、陽性コントロール等につきましては、現在のところ配布を行っておりませんのであらかじめご了承ください。

 

 

同意する
donotagree

 


 

更新履歴

  • 6月21日 A(H7N9)検査マニュアルを更新し、RT-LAMP 法による検出方法を追加しました

 

最終更新日 2013年6月21日(金曜)18:23

参照数: 11243

国内で市販されているインフルエンザ迅速診断キットの鳥インフルエンザA(H7N9)ウイルスに対する反応性について

平成25年5月23日現在
国立感染症研究所 インフルエンザウイルス研究センター

 

2013年3月31日に鳥インフルエンザA(H7N9)ウイルスの人への感染例が初めて中国で報告された1), 2)。4月24日には、中国江蘇省帰りの患者が台湾にて発症し輸入感染例として世界で初めて報告された3)。世界保健機関(WHO)の集計によると、2013年5月16日現在、中国における感染者数は131人、死亡者数は32人となっている4)。現在、日本国内では、このウイルスへの感染者は確認されていない。日本では、4月16日頃から、全国74か所の地方衛生研究所および16か所の検疫所において、A(H7N9)ウイルスに対するPCR遺伝子診断の実施が可能になっている。しかし、臨床現場では、インフルエンザの診断のための検査としてインフルエンザウイルスのNP抗原を検出する迅速診断キットが多用されているため、国内で市販されているインフルエンザ迅速診断キットの鳥インフルエンザA(H7N9)ウイルスに対する反応性について以下の検討を行った。

 

最終更新日 2013年5月24日(金曜)09:59

参照数: 54859

続きを読む...

検査マニュアル Q&A

平成25年5月22日更新

1.検体についての質問

Q1-1 RT-PCRを行うにあたって検体はどのように処理すれば良いでしょうか?
RT-PCRにおける検体の前処理としてRNAの精製が必要です。参考までにQIAGEN社のQIAamp Viral RNA Mini Kitを用いたRNAの精製方法を示しました。
Q1-2 RT-PCRに迅速診断キットに使用した残りの液は使えますか?
迅速診断キットの抽出液中のウイルスRNAは非常に不安定であるため、RT-PCR検査用の検体には適しておりません。
Q1-3 どのような検体を使用すればよいですか?
一般的には患者から滅菌スワブを用いて鼻腔ぬぐい液もしくは鼻腔吸引液、咽頭拭い液等の検体を採取しインフルエンザの検査に用いますが、現在ウイルス増殖部位に関する明確なエビデンスが得られていませんので、上気道からの検体採取に加えて、喀痰あるいは気管支吸引液、気管支肺胞洗浄液(BAL)等、下気道からの検体採取に努めることが、感度の高い検査診断を実施するために重要です。なお、検体採取部位に関する詳細な情報につきましてはhttp://www.niid.go.jp/niid/ja/diseases/a/flua-h7n9/3395-n7n9top.htmlをご参照下さい。


2.試薬類についての質問

Q2-1 プローブはどこで入手できますか?
本マニュアルではTaqMan MGB プローブを利用した検出法を示しました。TaqMan MGB プローブはLife Technology社で合成可能です(参考 http://www.appliedbiosystems.jp/website/jp/product/modelpage.jsp?MODELCD=19811)。
Q2-2 リアルタイムRT-PCR又は Conventional RT-PCRで示された以外の反応試薬やキットを使用できますか?
参考までに本マニュアルではQIAGEN 社のQuantiTectProbe RT-PCR kit(リアルタイムRT-PCR用)、QIAGEN 社のOneStep RT-PCR kit(Conventional RT-PCR用)を利用した方法を示しました。他の反応試薬やキットを使用する場合は、製品に添付のマニュアルをご参照の上ご利用下さい。
Q2-3 QIAGEN 社のQIAamp Viral RNA Mini Kit以外の方法でRNAを精製できますか?
参考までにQIAGEN 社のQIAamp Viral RNA Mini Kitを用いたRNAの精製方法を示しました。他の抽出試薬で精製する場合は、製品に添付のマニュアルをご参照の上ご利用下さい。
Q2-4 エチジウムブロマイドを使用したくないので他の染色試薬を使えますか?
本方法では参考までにエチジウムブロマイドを用いた染色方法を示しました。他の染色試薬を使用する場合は、製品に添付のマニュアルをご参照の上ご利用下さい。

 

3.機器についての質問

Q3-1 リアルタイムRT-PCRに使用しているApplied Biosystems社 7500Fast Real time PCR system、Roche社LightCycler 480II、Conventional RT-PCRに使用しているApplied Biosystems社 GeneAmp PCR System 9700以外の機器を使用できますか?
本方法は上記の機器を用いて最適化を行っておます。他の機器を使用する場合は、製品に添付のマニュアルをご参照の上ご利用下さい。

 

 

 

最終更新日 2013年5月22日(水曜)10:55

参照数: 9982

鳥インフルエンザA(H7N9)ウイルスによる感染事例に関するリスクアセスメントと対応

平成25年5月21日現在
国立感染症研究所

 

背景

 以下のリスクアセスメントは、現時点で得られている情報に基づいており、新たな情報により内容を更新していかなければならない。事態が流動的であるため当面は1〜2週間おきに定期的にリスクアセスメントを更新していく予定である。

 

最終更新日 2013年5月21日(火曜)16:19

参照数: 34449

続きを読む...

鳥インフルエンザA ( H7N9 ) ウイルス感染の疑い例あるいは確定例の人由来検体の取り扱いに関する実験室内バイオリスク管理(暫定的推奨)

Laboratory biorisk management for laboratories handling human specimens suspected or confirmed to contain avian influenza A ( H7N9 )  virus causing human disease -Interim recommendations-

この推奨は、人に病気を引き起こす鳥インフルエンザA ( H7N9 ) ウイルスに関する現時点での知見を反映したものである。WHOは、この推奨に影響する可能性をもつあらゆる変化を注意深く監視しており、もし変化があれば更新版を出す予定である。

WHOは、鳥インフルエンザA ( H7N9 ) ウイルス感染の疑い例または確定例に由来する臨床検体を扱うすべての検査診断作業は、バイオセーフティーレベル2(BSL2)の実験室に基づいた手技と手順に則して実施することを推奨している。(参照. WHO Laboratory biosafety manual, 3rd edition

 

最終更新日 2013年5月20日(月曜)19:49

参照数: 18810

続きを読む...

鳥インフルエンザA(H7N9)ウイルス感染症に対する院内感染対策

(2013年5月17日現在)

国立感染症研究所感染症疫学センター

 

はじめに

 本稿では、鳥インフルエンザA(H7N9)ウイルス感染の疑似症患者と患者(確定例)に対して行う院内感染対策の概要について、これまでに明らかになっている情報に基づいて記載する。
 なお、鳥インフルエンザA(H7N9)ウイルス感染症の疑似症患者と患者(確定例)の指定感染症としての届出基準は以下のとおりである。疑似症患者については、院内感染対策は患者(確定例)と同等のレベルで対応する。
「疑似症患者」とは、以下を満たすものである。
38℃以上の発熱と急性呼吸器症状があり、症状や所見、渡航歴、接触歴等から鳥インフルエンザA(H7N9)ウイルス感染症が疑われ、かつ、次の表の左欄に掲げる検査方法により、H7亜型が検出された者。

 

最終更新日 2013年5月17日(金曜)22:03

参照数: 27087

続きを読む...

鳥インフルエンザA(H7N9)ウイルスによる人への感染に対する暫定的なWHOサーベイランス勧告

 Interim WHO surveillance recommendations for human infection with avian influenza A(H7N9) virus

 2013 年5 10 日現在

 邦訳担当 感染症疫学センター

 

背景

2013年3月31日、鳥インフルエンザA(H7N9)ウイルスの人への感染が、中国当局よりWHOに報告された。家禽でのアウトブレイクと関連したインフルエンザA(H7亜型)ウイルスの人への感染が過去に発生しているが、ほとんど散発的で人においては軽症であった1.。しかし、今までのところ報告されているH7N9感染確定例のほとんどは肺炎を伴い、さらにそのほとんどは重症である。現在、継続的な人-人感染の証拠はない。インフルエンザA(H5N1)とは違い、このH7N9ウイルスは、ニワトリに対して「低病原性」であることを示唆する分子マーカーを持っている。このウイルスは家禽に対して軽症もしくは無症候と考えられる。ウイルスが家禽に対して軽症もしくは無症候であることは時間の経過により変化するかもしれないが、(現時点では)症状が顕在化しないため家禽への感染の広がりを監視するのは困難である。概して、H7N9に関する暫定ガイダンスは高病原性鳥インフルエンザA(H5N1)のそれと類似の内容である。H7N9に関する暫定ガイダンスを以下に要約するが、さらに情報が集積すれば更新される。

 

最終更新日 2013年5月17日(金曜)19:07

参照数: 14408

続きを読む...

 

世界保健機関(WHO)による鳥インフルエンザA(H7N9)ウイルスの人への感染に関するリスクアセスメント

 

2013 年5 10

 

邦訳担当 感染症疫学センター

 

 

 

要約

 

中国の国家衛生・計画生育委員会は世界保健機関(WHO)に対し、鳥インフルエンザA(H7N9)ウイルスの人感染事例を計131人報告し、台北CDCは1人を報告している。患者は男女の広範囲の年齢層で報告されているが、多くは中高年の男性である。32人が死亡し、その他の患者の大部分は重症者と考えられている。台北CDCから報告された患者1人(最近江蘇省への渡航歴あり)に加え、安徽省、福建省、河南省、湖南省、江蘇省、江西省、山東省、浙江省、北京市、上海市から患者が報告されている。

 

最終更新日 2013年5月14日(火曜)09:34

参照数: 19343

続きを読む...

Copyright 1998 National Institute of Infectious Diseases, Japan

Top Desktop version