国立感染症研究所

新型コロナウイルス感染症(COVID-19) 関連情報ページ

現場からの概況:ダイアモンドプリンセス号におけるCOVID-19症例

(2020年2月19日掲載)

  英語版はこちら

背景

クルーズ船ダイアモンドプリンセス号(以下クルーズ船)は、2020年1月20日、横浜港を出発し、鹿児島、香港、ベトナム、台湾、および沖縄に立ち寄り、2月3日に横浜港に帰港した。この航行中の1月25日に香港で下船した乗客が、1月19日23日から咳をみとめ、1月30日に発熱し、2月1日に新型コロナウイルス陽性であることが確認された。そのため、日本政府は2月3日横浜港に入港したクルーズ船に対し、その乗員乗客の下船を許可しなかった。2月3日からの2日間、全乗員乗客の健康診断が検疫官により行われ、症状のある人、およびその濃厚接触者から新型コロナウイルスの検査実施のために咽頭ぬぐい液が採取された。2月5日に検査結果よりCOVID-19陽性者が確認されたことから、クルーズ船に対して同日午前7時より14日間の検疫が開始された。この時点でクルーズ船には、乗客2,666人、乗員1,045人、合計3,711人が乗船していた。

 

IASR-logo

国内で報告された新型コロナウイルス感染症確定例12例の記述疫学(2020年2月3日現在)

(速報掲載日 2020/2/10) (IASR Vol. 41 p48-49: 2020年3月号)

2020年1月3日に、中国湖北省武漢市において原因不明の重症肺炎の集積が報告された。これをうけて日本では、1月6日より、疑似症サーベイランス(感染症法第14条第1項に規定する厚生労働省令で定める疑似症)の枠組みの中で、武漢市に関連した肺炎の患者を探知することになった。なお、2月1日に、新型コロナウイルス感染症は指定感染症となった。指定感染症となる前に使用していた症例定義については、「中国湖 北省武漢市で報告されている新型コロナ関連肺炎に対する対応と院内感染対策」を参照のこと 〔新型コロナウイルス(2019-nCoV)関連情報ページ:https://www.niid.go.jp/niid/ja/diseases/ka/corona-virus/2019-ncov.html〕。

国立感染症研究所で分離された新型コロナウイルスを試験研究に利用する研究機関等へ分与することといたしました。

分与は、感染研病原体等安全管理規程による「病原体等の分与等に関する取扱要領」に書かれた手続きに従って行います。

【病原体分与手続きについて】

国立感染症研究所ホームページの以下の記事をご参照ください
病原体分与に関する手続きについて(https://www.niid.go.jp/niid/ja/lab/481-biosafe/7155-bunyo-shogai17.html)

 

【病原体の分与担当研究者】

ウイルス第一部 部長 西條

電話:03-5285-1111(内線2502)

 

【事務担当】

総務部調整課研究支援係

電話:03-5285-1111(内線2040,2052)
メール:This email address is being protected from spambots. You need JavaScript enabled to view it.

 

【関連外部サイト】

国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所(新型コロナウイルスの分離に利用可能な細胞株の提供開始について)
(URL: https://www.nibiohn.go.jp/information/nibio/2020/02/006237.html
   

Detection of second case of 2019-nCoV infection in Japan

1Naganori Nao, 1Kazuya Shirato, 2Harutaka Katano, 1Shutoku Matsuyama, and 1Makoto Takeda 

1-Laboratory of Acute Viral Respiratory Infections and Cytokines, Department of Virology III, National Institute of Infectious Diseases, 4-7-1 Gakuen, Musashimurayama, 208-0011 Tokyo, Japan: 2-Department of Pathology, National Institute of Infectious Diseases, 1-23-1 Toyama, Shinjuku, Tokyo 164-8640, Japan 


January 30, 2020 Detection of second case of 2019-nCoV infection in Japan (corrected version)
January 25, 2020  
Detection of 2019-novel coronavirus sequence from clinical specimen
(Harutaka Katano and Tadaki Suzuki)

Department of Pathology, National Institute of Infectious Diseases, 1-23-1 Toyama, Shinjuku, Tokyo 164-8640, Japan

January 21, 2020 Detection of 2019-novel coronavirus sequence from clinical specimen(PDF)

Copyright 1998 National Institute of Infectious Diseases, Japan

Top Desktop version