国立感染症研究所

新型コロナウイルス感染症(COVID-19) 関連情報ページ

IASR-logo

大阪府内の某介護医療院におけるCOVID-19集団感染―院内での伝播, 対策, その効果―

(IASR Vol. 41 p131-132: 2020年7月号)

経 過

①病棟内での感染伝播

2020(令和2)年4月某日, 某介護医療院(以後, 同院)のE病棟(60床)に勤務する50代女性看護師(以後, A)に37.7℃の発熱, 咳嗽と全身倦怠感が出現, 4日後にCOVID-19と診断された。Aの発症2日前の夜勤入りした日をDay0とすると, Day4とDay5に, E病棟において入院患者計4人に発熱と倦怠感が出現した()。同院は病棟内COVID-19集団感染の可能性も想定し, Day6にE病棟から患者・職員の移動を制限した(リハビリ除く)。Day14までにこの病棟に入院する全患者と全職員の検体が同院で採取された。保健所は看護師Aの最終勤務終了から発症までの間隔が31時間あったことから, 当時の基準に基づき, AのE病棟内での濃厚接触者はいないと判断していた。

IASR-logo

新型コロナウイルス感染症 2020年5月現在

(IASR Vol. 41 p103-105: 2020年7月号)

コロナウイルスはプラス鎖1本鎖のRNAをウイルスゲノムとして有するエンベロープウイルスであり, ヒトに感染するコロナウイルスとしては, 風邪の原因ウイルスであるヒトコロナウイルス229E, OC43, NL63, HKU1の4種類, そして, 重篤な肺炎を引き起こす重症急性呼吸器症候群(SARS)コロナウイルス(SARS-CoV)と中東呼吸器症候群(MERS)コロナウイルス(MERS-CoV)が知られていた。2019年12月に確認された新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の病原ウイルスであるSARS-CoV-2は, SARS-CoVと同じベータコロナウイルス属に分類され, 遺伝子の相同性が高く(約80%), 受容体(ACE2)を使ってヒトの細胞に吸着・侵入することが報告されている。

 

 

IASR-logo

クルーズ船内で発生した新型コロナウイルス感染症の集団発生事例対応における健康管理アプリの有用性

(速報掲載日 2020/7/15) (IASR Vol. 41 p144-145: 2020年8月号)

停泊中のクルーズ船内で発生した新型コロナウイルス感染症の集団発生事例への対応に際して、外国籍乗員の健康観察を目的として外国語対応の健康管理アプリを開発し導入した。今後の事例対応の参考になると考え、その経緯について報告する。

2020年7月9日掲載

本チェックリストは,自治体(保健所)が医療施設におけるCOVID-19集団発生の対応や支援をする際の参考のために作成したものである.医療施設の現状に応じた体制整備状況等把握や支援のための参考にしていただきたい.なお,本チェックリストは自治体(保健所)が医療施設の対応状況を確認することを前提に作成しているが,医療施設が自施設の対応を自己評価する際にも積極に活用していただきたい.

 

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)医療施設内発生対応チェックリスト

EXCEL版チェックリスト

 

 
IASR-logo

日本国内の新型コロナウイルス感染症第一例を契機に検知された中国武漢市における市中感染の発生

(速報掲載日 2020/7/7) (IASR Vol. 41 p143-144: 2020年8月号)

患者Aは、2020年1月3日(以下、特記しない日付は2020年)に中国武漢市に滞在中に発熱を認め、帰国日の1月6日に日本国内のクリニックでインフルエンザ迅速診断キット陰性とされ、自宅療養をしていたが、症状が軽快しないため、1月10日にX病院を受診し、胸部レントゲン写真で肺炎像が確認された。1月13日には肺炎症状が改善をみないことを受け、1月14日に管轄保健所により行政検査の手続きがとられ、1月15日夜に確定診断がなされ、日本国内で検知された新型コロナウイルス感染症第一例目となった。世界保健機関(WHO)に対しては1月16日未明に国際保健規則に基づいて症例の発生が通告された。

 

IASR-logo

ヒトコロナウイルス(HCoV)感染症の季節性について―病原微生物検出情報(2015~2019年)報告例から―

(速報掲載日 2020/7/2) (IASR Vol. 41 p124-125: 2020年7月号)

人に感染するコロナウイルス(Human coronavirus:HCoV)には、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の原因ウイルスであるSARS-CoV-2以外に、主に小児が冬季にかかる風邪の原因ウイルスであるHCoV-NL63(以下NL63)、HCoV-OC43(同OC43)、HCoV-HKU1(同HKU1)、HCoV-229E(同229E)がある(以下、4種を総称してcommon HCoV:cHCoVとする)。また、日本での報告はないが致命率の高い中東呼吸器症候群ウイルス(Middle East respiratory syndrome coronavirus: MERS-CoV)や2002年に発生したが2004年以降報告のない重症呼吸器症候群ウイルス(Severe acute respiratory syndrome coronavirus: SARS-CoV)がある。

IASR-logo

環境水調査による新型コロナウイルスの下水からの検出

(速報掲載日 2020/7/1) (IASR Vol. 41 p122-123: 2020年7月号)

横浜市衛生研究所では, 2013(平成25)年度からポリオ環境水サーベイランスを調査研究として実施し, 2020(令和2)年度で8年目となる。本報告はポリオ環境水サーベイランスで実施した流入下水濃縮検体を利用したSARS-CoV-2の遺伝子検査の結果である。

Copyright 1998 National Institute of Infectious Diseases, Japan

Top Desktop version