国立感染症研究所

header2012

 

2017.04.01 平成29年4月1日より病原体等の分与に関する様式が変更になりました。

 

2013.10.11 WHO「Guidance on regulations for the Transport of Infectious Substances 2013~2014」の翻訳版「感染性物質の輸送規則に関するガイダンス(2013-2014)」をアップしました。
 

病原体等の分与に関する手続きについて
 
  • 病原体等分与に関する書類:分与様式1(記入例含む)、分与様式4、変更届、(参考資料MTA) がダウンロードできます。
  • 変更前に承認された病原体等の使用・保管期間終了後も、引き続き、内容の変更がなく使用及び保管を希望する場合は、下記の「病原体等継続使用・保管届」をご提出ください。
    (内容に変更がある場合は、上記の手続きに基づいた書類を再提出してください)

    ※ 輸入された家畜伝染病予防法の定める監視伝染病の病原体 (輸入禁止品) の再分与を受けた場合等で承認証が必要な場合もこちらをご使用下さい。またその旨を研究支援係へ連絡ください。

     病原体等継続使用・保管届

輸送容器について
 
包装基準P620*1に準拠したカテゴリーA容器(UN2814/UN2900)

包装基準P650*2に準拠したカテゴリーB容器(UN3373)

WHOマニュアル
  実験室関連
輸送関連
関連情報・リンク
 
  • 日本バイオセーフティ学会をはじめ、国内外の学会、セミナー等の情報があります。

最終更新日 2017年4月03日(月曜)12:09

参照数: 6538

Copyright 1998 National Institute of Infectious Diseases, Japan

Top Desktop version