国立感染症研究所

治療薬・ワクチン開発研究センター 第一室

令和3年4月1日
治療薬・ワクチン開発研究センター
(内線2132)

第一室(液性免疫室)では、ワクチンに関する液性免疫学的研究を行っています。


研究テーマ

  1. 様々な亜型のインフルエンザウイルスを交叉防御する抗体と記憶B細リンパ球の研究
  2. 免疫原性を改善したH7N9インフルエンザワクチンの研究
  3. 異なる遺伝子型のノロウイルスを交叉防御する抗体と記憶B細リンパ球の研究
  4. 全粒子インフルエンザワクチンにより惹起される記憶B細胞活性化経路の解明
  5. A/H1N1pdmワクチンが誘導するヒト中和抗体のウイルス結合性の解析
  6. インフルエンザ亜型を鑑別する迅速診断免疫クロマトグラフィーの開発

第一室の構成

  • [室長(事務取扱)] 高橋 宜聖(治療薬・ワクチン開発研究センター長)
  • [主任研究官] 小野寺 大志
  • [主任研究官] 安達 悠
  • [非常勤職員(共同大型利用機器オペレーター)] 泉山 枝里子
  • [非常勤職員] 道坂 瑛
  • [協力研究員]
  • [研究生]
  • [実習生]
  • 共同研究者(所外)

  • 黒崎 知博(大阪大学免疫学フロンティア研究センター 教授)
  • 竹山 春子(早稲田大学理工学術院 教授)
  • 古川 鋼一(名古屋大学大学院医学系研究科 教授)
  • 久保 允人(東京理科大学生命医科学研究所 教授)
  • 八村 敏志(東京大学大学院農学生命科学研究科食の安全研究センター 准教授)
  • 細野 朗(日本大学生物資源科学部 教授)
  • Dr. Garnett Kelsoe(米国、Duke大学、教授)
  • Dr. Anne De Groot(米国、EpiVax社 CEO)
  • Dr. Ganjana Lertmemongkolchai(タイ、コンケーン大学、准教授)
  • 本ホームページの内容についてのお問合せ先:治療薬・ワクチン開発研究センター
    03-5285-1111(代表)より内線2132にご連絡ください

    Copyright 1998 National Institute of Infectious Diseases, Japan

    Top Desktop version