印刷

治療薬・ワクチン開発研究センター 第二室

令和3年11月1日
治療薬・ワクチン開発研究センター
(内線2133)

第二室(細胞性免疫室)ではワクチンに関する細胞性免疫学的研究を行っています。


研究テーマ

  1. A型・E型肝炎に関する研究
  2. ・抗A型・E型肝炎ウイルス(HAV・HEV)抗体陽性血清パネルの整備
    ・HAV・HEV特異的モノクローナル抗体の樹立とその応用

  3. B型肝炎に関する研究
  4. ・慢性B型肝炎の治癒を目指した免疫療法の検討
    ・B型肝炎ウイルス(HBV)感染による肝障害のメカニズム解析

  5. ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染症に関する研究
  6. ・潜伏感染に関する解析
    ・ヒト化マウスモデルを用いた解析
    ・ワクチン評価系の構築
    ・サルエイズモデルを用いた腸管感染免疫の解析

  7. ヒト免疫評価系としてのヒト化マウスモデルの応用
  8. ・樹状細胞の分化誘導と機能解析

第二室の構成

  • [室長] 五十川 正記
  • [主任研究官] 寺原 和孝
  • [臨時研究補助員] 岩城 理恵子
  • [派遣職員] 甲田 恵美
  • [派遣職員] 佐藤 詩織
  • [客員研究員] 横田 恭子(東京工科大学 医療保健学部 教授)
  • 国内外の共同研究

  • 国立国際医療研究センター 肝炎・免疫研究センター:考藤 達也 センター長
  • 熊本大学 大学院生命科学研究部 消化器内科:田中 靖人 教授
  • 早稲田大学理工学術院 先進理工学部 生命医科学科:竹山 春子 教授
  • 医薬基盤・健康・栄養研究所 免疫老化プロジェクト:山本 拓也 プロジェクトリーダー
  • 熊本大学エイズ学研究センター:岡田 誠治 教授
  • San Raffaele Scientific Institute(イタリア):Matteo Iannacone グループリーダー
  • Pompeu Fabra大学(スペイン):Andreas Meyerhans 教授
  • 本ホームページの内容についてのお問合せ先:治療薬・ワクチン開発研究センター
    03-5285-1111(代表)より内線2133にご連絡ください
    Copyright 1998 National Institute of Infectious Diseases, Japan