国立感染症研究所

国立感染症研究所 感染症疫学センター
2020年1月現在
(掲載日:2020年6月2日)

性器ヘルペスウイルス感染症は、単純ヘルペスウイルスの感染によって性器やその周辺に水疱や潰瘍等の病変が形成される疾患である。感染症発生動向調査では、地方自治体が定めた国内約1000の性感染症定点医療機関が報告しており、定点医療機関数は2000年以降微増している(2000年887、2018年984)。性感染症定点医療機関では、「症状や所見から性器ヘルペスウイルス感染症が疑われ、かつ、届出のために必要な臨床症状により、性器ヘルペスウイルス感染症患者と診断した場合」症例を月ごとに集計し、性器ヘルペスウイルス感染症として報告している。届出のために必要な臨床症状としては「男女ともに、性器や臀部にヘルペス特有な有痛性の1から多数の小さい水疱性又は浅い潰瘍性病変を認めるもの」となっている。

感染症発生動向調査における性器ヘルペスウイルス感染症の定点当たり報告数は、男性では2006年をピークに減少した後、2010年以降微増していた。女性では2005年をピークに減少し、2010年以降微増していた(図1)。2006年以降の動きには、2006年4月に行われた「明らかな再発は除く」という届出基準の変更が影響している。

5歳毎の年齢階級別定点当たり報告数は、男性では2018年は40代前半が最も多かった。また、2009年以降、40代から50代前半で増加してきていた(図2)。

女性の年齢階級別定点当たり報告数は、2010年以降20代後半が最も多かった。また、2009年以降、30代後半から50代前半で増加してきていた(図3)。

 
図1. 感染症発生動向調査における性器ヘルペスウイルス感染症定点当たり報告数、2000-2018年
 
図2. 男性の年齢階級別性器ヘルペスウイルス感染症定点当たり報告数、15-54歳、2009-2018年
 
図3. 女性の年齢階級別性器ヘルペスウイルス感染症定点当たり報告数、15-54歳、2009-2018年

 


「感染症サーベイランス情報のまとめ・評価」のページに戻る

Copyright 1998 National Institute of Infectious Diseases, Japan

Top Desktop version