国立感染症研究所

IASR-logo

Kudoa iwataiが原因と疑われた有症苦情事例について―長野県

(IASR Vol. 39 p224-225: 2018年12月号)

Kudoa iwatai(以下K. iwatai)はクドア属粘液胞子虫の1種で, タイやスズキ等の筋肉中にシストを形成, 寄生し, 宿主範囲が広いとされている1)。同じクドア属のKudoa septempunctata(以下K. septempunctata)は, 2011(平成23)年6月17日付け生食安発0617第3号通知 「生食用生鮮食品による病因物質不明有症事例への対応について」 により, 食中毒の病因物質として指定されているが, K. iwataiは病原性が明らかにされていないことから, 食中毒の病因物質として指定されていない。

Copyright 1998 National Institute of Infectious Diseases, Japan

Top Desktop version