国立感染症研究所

IDWR 2016年第23号 注目すべき感染症 「流行性耳下腺炎」

流行性耳下腺炎(mumps:ムンプス、おたふくかぜ)は、ムンプスウイルスの感染を原因として発症する感染症です。今後夏季にかけて患者数の多い状態が持続することが予想されるため、流行状況、発生動向に注意が必要です。感染症発生動向調査週報「IDWR」2016年23号では、「注目すべき感染症」として流行性耳下腺炎を取り上げています。下記のリンクからIDWR 2016年23号のPDFファイルをダウンロードし、「注目すべき感染症」(P.8-9)をご覧ください。


  IDWR 2016年23号  
ダウンロード(31p/1.1MB)

 

idwrhead-top2015-02

Copyright 1998 National Institute of Infectious Diseases, Japan

Top Desktop version