国立感染症研究所

麻疹 IASR 外国情報(1997年から2011年までの記事一覧)

年月 外国情報
32 2 2011年2月 ワクチン接種率の高いferrara県での麻疹の増加、2010年1〜3月—イタリア
32 2 2011年2月 集会参加旅行者における麻疹アウトブレイク、2010年9〜10月—ドイツ
32 2 2011年2月 provence-alpes-côte d'azur地域での麻疹アウトブレイク、2010年1〜11月—フランス
32 2 2011年2月 granada市で現在も続いているワクチン未接種者における麻疹アウトブレイク、2010年10〜11月—スペイン
31 2 2010年2月 世界の麻疹死亡、2000〜2008年
31 2 2010年2月 スイスでの大規模な麻疹流行、2006〜2009年—ヨーロッパの麻疹排除に向けて
31 2 2010年2月 麻疹ワクチン—whoポジションペーパー
30 4 2009年4月 whoヨーロッパ地域における麻疹排除への進展、2005〜2008年
30 2 2009年2月 世界の麻疹制圧の進展と死亡数の減少、2000〜2007年
29 4 2008年4月 世界における麻疹コントロールと死亡率減少の進歩、2000〜2006年−who/unicef
28 9 2007年9月 継続中の麻疹発生、2006年11月〜2007年7月−スイス
28 9 2007年9月 麻疹、ムンプス、風疹、百日咳の発生動向・ワクチン接種状況−スコットランド
28 8 2007年8月 イングランドにおける麻疹確定症例−英国
28 6 2007年6月 韓国における麻疹排除(elimination)、2001〜2006年
27 9 2006年9月 ウクライナでの流行に関連すると思われる麻疹の突然の増加−ポーランド
26 5 2005年5月 麻疹排除とcrs予防に向けての進歩−who欧州地域
25 8 2004年8月 東南アジア地域での麻疹死亡例減少に関する進捗、1999〜2002年
25 7 2004年7月 中国からの養子における麻疹のアウトブレーク、2004年−ノルウェー
25 7 2004年7月 麻疹排除に向けた進歩、2002〜2003年−南北アメリカ大陸
25 3 2004年3月 アフリカ西部での麻疹死亡率の低下、1996〜2002年
24 8 2003年8月 野生株麻疹ウイルスの遺伝子特性に基づいた記名法、2003年
24 7 2003年7月 小児、 学童・生徒における最近の麻疹の流行、 2003年−スイス
23 9 2002年9月 カンパーニャ地方での麻疹流行、2002年:イタリア
23 5 2002年5月 世界的な麻疹死亡率低下および地域的麻疹制圧のための戦略、 2000〜2001年:who
23 5 2002年5月 麻疹増加、 2002年:イタリア
22 11 2001年11月 開業医の待合室で感染した麻疹患者、 2000年:オーストラリア
22 11 2001年11月 若年成人の麻疹集団発生、 2001年:オーストラリア
22 7 2001年7月 陸軍基地での麻疹集団発生事例、 2000年−ドイツ
22 6 2001年6月 麻疹の減少−デンマーク
22 6 2001年6月 麻疹排除(elimination)への行動計画−スペイン
22 2 2001年2月 麻疹・風疹・先天性風疹症候群の状況、1997〜1999:米国&メキシコ
21 3 2000年3月 麻疹の流行:オランダ
21 1 2000年1月 東地中海地域での麻疹撲滅の進捗状況、1980〜1998年
21 1 2000年1月 麻疹撲滅計画:世界における進展、1998〜1999年
20 11 1999年11月 麻疹の疫学、1998年:米国
20 8 1999年8月 麻疹対策、1990〜97年:who 南東アジア地域州
20 2 1999年2月 世界の麻疹の状況
20 2 1999年2月 アラスカ・アンカレッジでの麻疹流行、1998年−米国
19 5 1998年5月 麻疹ワクチンは命を救う他:英国
12 4 2000年4月 麻疹の流行:アイルランド

最終更新日 2012年2月06日(月曜)18:25

参照数: 5784

Copyright 1998 National Institute of Infectious Diseases, Japan

Top Desktop version