国立感染症研究所

令和2年度 希少感染症診断技術研修会

 

1.目的

       希少感染症の診断技術の標準化を目的として、国立感染症研究所が地方衛生研

    究所の協力を得て研究開発した検査法について、これを地方衛生研究所へ普及

    させるとともに、担当者にその検査手技を習得させることを目的とする。

 

2.対象感染症・病原体等

  マスギャザリングで重要なウイルス感染症、BSL4施設と検査体制強化(バイオ

  テロを含め)、蚊媒介性ウイルス感染症、耐性インフルエンザ、急性脳炎・到

  死的感染症等、ポリオ・ロタウイルス、精度管理、マスギャザリングにおける

  感染症対策、動物関連感染症、リケッチア感染症、食品関連感染症、病原体輸

  送等

 

3.実施時期

  令和3年2月9日(火)、10日(水)zoom開催

  ただし、新型コロナウイルス感染症のセッションのみ、令和2年12月22日開催

 

4.プログラムと資料

  ※掲載資料の無断転載・転用はご遠慮ください。

 

令和3年2月9日 開催分

<風疹ウイルス>                   

風疹ウイルス検査と遺伝子解析について 感染研・ウイルス第三部 森 嘉生

風疹の発生動向と予防接種     感染研・感染症疫学センター 多屋 馨子

 

<エゾウイルス、SFTS>                          

SFTSに関する治療薬・ワクチン開発 感染研・ウイルス第一部 吉河 智城

エゾウイルスについて         北海道大学人獣共通感染症リサーチセンター
                              危機分析・対応室 松野 啓太

 

<バンコマイシン耐性腸球菌>            

バンコマイシン耐性腸球菌の最新動向 感染研・薬剤耐性研究センター 鈴木 里和

 

令和3年2月10日 開催分

<バイオテロに備えて:ブルセラ、類鼻疽>    

ブルセラ症について  感染研・獣医科学部 今岡 浩一

類鼻疽について      感染研・細菌第二部 堀野 敦子

 

 

<その他細菌>

侵襲性髄膜炎菌感染症         感染研・細菌第一部 髙橋 英之

細菌性赤痢                  感染研・細菌第一部 泉谷 秀昌

チフス菌・パラチフスA菌            感染研・細菌第一部 森田 昌知

 

 

令和2年12月22日 開催分

<新型コロナウイルス感染症 COVID-19>           

新型コロナウイルス病原体検出マニュアルについて  感染研・ウイルス第三部 白戸 憲也

抗原・抗体検査について  感染研・感染病理部 鈴木 忠樹

検体輸送について  感染研・安全実験管理部 河合 康洋  

ゲノム解析について 感染研・病原体ゲノム解析研究センター 黒田 誠

ワクチンについて  感染研・インフルエンザウイルス研究センター長谷川 秀樹

 

 

 

Copyright 1998 National Institute of Infectious Diseases, Japan

Top Desktop version