国立感染症研究所

IASR-logo

ロタウイルスの遺伝子型別法に関する注意

(IASR Vol. 38 p.172-174: 2017年8月号)

2011年11月にロタウイルスワクチンが導入されて以降, A群ロタウイルス(Rotavirus A, 以下RVA)による胃腸炎患者数は減少傾向にある。しかしワクチンが普及する中で採取されるウイルス株に対する関心が高まっているため, 地方衛生研究所等へのRVAの検査依頼数はあまり大きく減少しておらず, 年間700件前後を推移している1)。ワクチン導入後の流行株を監視する意味でも, RVA検査の重要性はむしろ高まっているといえる。IASRでは病原体検出報告に基づいてVP7(外殻タンパク)の遺伝子型別報告数が集計されているが1), その約半数はシークエンス解析により遺伝子型が判定され, 残りの半数はmultiplex-PCRによる型別判定が行われている。このmultiplex-PCR法は1990年にGouveaらが報告した方法で2), 現在でも世界中で広く利用されており, 国立感染症研究所(感染研)の病原体検出マニュアルにも記載されている。しかし, プライマー配列の再検討が行われていないため, 現在の流行株では誤判定されるケースが散見されている。本稿では, それらの誤判定される例を紹介し, 遺伝子型別法についての注意を促したい。

Copyright 1998 National Institute of Infectious Diseases, Japan

Top Desktop version