国立感染症研究所

IASR 月報 国内

IASR-logo

高齢者福祉施設における呼吸器感染症の集団発生について-福岡県

(IASR Vol. 39 p103-105: 2018年6月号)

2018年1月に, 福岡県内の高齢者福祉施設(入所者45名, 職員46名)において, 複数の入所者が発熱または呼吸器症状を呈した。管轄の保健所が施設内の患者の発生状況を調査したところ, 初発有症者の発症日は1月4日で, 1月18日までに計43名(入所者39名, 職員4名)が発症, 8名が入院, うち2名(いずれも90代女性)が死亡していた。新規発症者数の推移を図1に示す。有症者の年齢は入所者が66~98歳, 職員が23~63歳であった。主な症状は, 発熱および咳, 痰, 呼吸困難, 喘鳴等の呼吸器症状であった。

Copyright 1998 National Institute of Infectious Diseases, Japan

Top Desktop version