国立感染症研究所

IASR-logo

つつが虫病・日本紅斑熱 2007~2016年

(IASR Vol. 38 p.109-112: 2017年6月号)

つつが虫病と日本紅斑熱は, わが国に常在する代表的なリケッチア症で, リケッチアを保有するダニ類の刺咬により感染する。両疾患とも, 発熱, 発疹, 刺し口を3主徴とする。感染症法に基づく全数把握の4類感染症であり, 診断した医師は直ちに保健所に届け出なければならない (届出基準はhttp://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou11/01-04-18.html, http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou11/01-04-23.html)。両疾患の臨床的な鑑別は難しく, 届出には実験室診断が必要である。

Copyright 1998 National Institute of Infectious Diseases, Japan

Top Desktop version