国立感染症研究所

IASR-logo
 

大阪府南部の中小病院におけるバンコマイシン耐性腸球菌の患者集積事例

(IASR Vol. 40 p87-88:2019年5月号)

大阪府南部の一般病棟と療養型病棟を有する中小病院において, 2017~2018年にかけてバンコマイシン耐性腸球菌(Enterococcus faecium, 以下VRE)の患者集積事例が発生し, 同院と関係機関が対策を行った。その対応の中で大病院と異なる中小病院における薬剤耐性菌対策の課題がみえてきたため, その過程とともに紹介する。

Copyright 1998 National Institute of Infectious Diseases, Japan

Top Desktop version