国立感染症研究所

     日本の輸入デング熱症例の動向について
Notification Trends Among Imported Dengue Cases in Japan

 更新日:2017年7月14日

■本サイトの目的

感染症発生動向調査により収集されている日本のデング熱の輸入例のデータを、渡航者のリスク評価のために、適時に還元することがこのサイトの目的です。

渡航国別の輸入デング報告数は、渡航先のデング熱の流行の程度や、渡航者数により影響を受けます。よって、渡航者数の変動の影響を除くために、渡航国別の日本人渡航者数を分母データとし、日本人渡航者10万あたりのデング熱報告例も合わせて示しました。これは、半年に1回程度更新する予定です。

この解析においては、個人の感染リスク行動、渡航国内における流行の地域差は考慮しておらず、また複数国に渡航した症例は含めていません。

なお、厚生労働省検疫所FORTH(http://www.forth.go.jp/)や、WHO西太平洋地域事務局のウエブサイト(http://www.wpro.who.int/emerging_diseases/DengueSituationUpdates/en/)において、デング熱の流行状況が取りまとめられているのでそちらも合わせて参照してください。

 
2017年7月14日 日本の輸入デング熱症例の動向について (2016年7月-2017年6月)
2017年6月15日 日本の輸入デング熱症例の動向について (2016年6月-2017年5月)
2017年5月18日 日本の輸入デング熱症例の動向について (2016年5月-2017年4月)
2017年4月14日 日本の輸入デング熱症例の動向について (2016年4月-2017年3月)
2017年3月15日 日本の輸入デング熱症例の動向について (2016年3月-2017年2月)
2017年2月17日 日本の輸入デング熱症例の動向について (2016年2月-2017年1月)
2017年1月18日 日本の輸入デング熱症例の動向について (2016年1月-2016年12月)

Copyright 1998 National Institute of Infectious Diseases, Japan

Top Desktop version