国立感染症研究所

公開講座・施設利用

 

以下の情報は、2019年度の一般公開で提供されたイベントに関する資料です。これらのイベントはすでに終了しております。感染研一般公開の最新情報については、こちらのブログサイトをご覧ください

2019年度 戸山庁舎一般公開

イベント紹介

特集記事

 

 

 

 


令和元年度 感染症危機管理研修会実施要領

主  催 : 国立感染症研究所
協  力 : 厚生労働省大臣官房厚生科学課
厚生労働省健康局結核感染症課

1. 目   的

各地区の感染症担当者に対し、地域での感染症の予防制圧対策の推進、新興・再興感染症発生時において適切に対処するための知識の普及を図るとともに、感染症の動向に関する最新情報の提供及び各地区における感染症にかかる情報の交換を行うことを目的とする。

2. 受講対象者

本研修は以下のとおり受講対象者が限定されております。申し込みの際は必ず自治体の衛生主管部局へお問い合わせの上、当該部署を経由して申請されるようお願いいたします。

上記目的を達成するため、現在、各機関において感染症対策の中心的役割を担い、本研修の内容を理解できる程度の医学的知識を有する、次のいずれかに該当する者

(1)  都道府県・政令市・特別区の衛生主管部局、管内保健所又は地方感染症情報センターの医師及び獣医師等であって、衛生主管部局の長が推薦した者 各自治体から1名
(2)  検疫所の医師及び獣医師等であって、検疫所の長が推薦した者 各検疫所から1名
(3)  上記以外の所属で、国立感染症研究所感染症疫学センター長が受講を認めた者

3. 実 施 日

令和元年10月9日(水)、10日(木)

4. 研修内容及び講師

PDFファイルの日程表をご確認ください。

5. 研 修 場 所     

国立感染症研究所 戸山研究庁舎 共用第一会議室(2階)

6. 参 加 費

研修参加費は無料です。ただし、交通費や宿泊費など研修受講の際発生する諸経費については、各受講者負担となります。

7. 受講者の推薦方法について

受講者の推薦は、令和元年8月26日(月)までに(必着のこと)、別紙様式(※様式は各衛生主管部局へご確認下さい)により下記研修会事務局宛、郵送、またはFAXにて送付のこと。なお、推薦なしでの受講は固くお断りいたします。受講確定については後日担当部署あて文書により通知いたします。

8. 研修会事務局

国立感染症研究所感染症疫学センター
〒162-8640 東京都新宿区戸山1-23-1
TEL 03-5285-1111 (内線) 2543  FAX 03-2585-1129
担当 感染症疫学センター情報管理専門官 宮間浩史(事務担当)

2019年7月27日(土)開催の村山庁舎一般公開の内容を一部紹介いたします。

病原体の種類

 

種類:パネル展示解説
対象:全年齢

 

ウイルス?細菌(さいきん)?真菌(しんきん)?寄生虫(きせいちゅう)? 病原体(びょうげんたい)について説明します。

私たちの体が病原体と戦う仕組みを「免疫(めんえき)システム」といいます。どのように戦うの?

生物は「細胞(さいぼう)」からできています。細胞ってなに?

病原体を正しく見分けるクイズもあります(景品付) !

 Kz190620 2019 diseases

研究者がどのような実験道具を使って感染症研究をしているかを体験することができます。
いろいろな実験道具、機器を展示します。
学校では見たことのない道具があるかもしれません。
実際に使っている実験道具を見たり使ってみましょう。

 2019m lab1

 

このイベントは、自由参加型です。混雑時はお待ち頂くこともありますので、ご了承ください。

 

対象:中学生以上

4名の感染研の研究者が、それぞれ専門としている研究内容や業務についてわかりやすく説明いたします。気軽に質問をしたり、お話しできますので、この機会をお見逃しなく!


このイベントは先着順です。定員になり次第参加を締切らせていただきます。ご了承ください。


第一部 身近な感染症

「1歳未満の赤ちゃんには、なぜハチミツを食べさせてはいけないのか」      14:00〜

加藤 はる  細菌第二部

KatoHaru 2019

市販されているハチミツの多くには、「1歳未満のお子様には食べさせないでください」と表示があります。母子手帳にも「ハチミツは乳児ボツリヌス症を予防するため満1歳までは使わない」と記載されています。なぜ? それでは、大人はボツリヌス症にかからないのでしょうか? ボツリヌス症についてお話しします。



  

「ピロリ菌とその仲間たち」       14:40〜

林原 絵美子  細菌第二部

Hayasibara 2019

ヒトの胃に生息し,悪さをするピロリ菌.広く知られるようになり,検査や除菌治療の経験のある人が増えています.実は,イヌやネコの胃にもピロリ菌の仲間がいるんです.ピロリ菌がいる人もいない人もいた人も、知っておいた方がいい知識をクイズも交えて紹介します。



 

 

 第二部 2020に向けて 

「MERSコロナウイルス」   15:20〜 

松山 州徳  ウイルス第三部

Matuyama 2019

中東呼吸器症候群コロナウイルス(MERS-CoV)は、重症の肺炎を引き起こす病原体です。これまでに世界27カ国で約2,400人の感染者が見つかり、そのうち823人が死亡しました。現在でもサウジアラビアと周辺国では週に数人程度の発生が続いています。最新の知見を元に、この病原体の注意すべきポイントは何か、日本国内への侵入に備えて、どのような対策がとられているのかを解説します。



   

「デング熱って怖い病気なの?」 16:00〜

黒須 剛  ウイルス第一部

TakeshiKurosu 2019

2014 年に日本で流行したデング熱。世界中では毎年4 億人近く感染して、そのうち約1億人がより重症化したデング出血熱になると推定されています。この疾患には、2 回目感染で重症化しやすいという他の感染症にはない特徴があります。オリンピックイヤーに向けて、デング熱についての正しい知識を深めましょう。



   

 

国立感染症研究所・村山庁舎で7月27日に開催される一般公開のポスターに、イベント概要が追加されました。当日にどんなイベントが開催されるか知りたい方は、サムネイルをクリックしてPDF版をダウンロードしたうえで、2ページめをご覧ください。

2019murayama 2 thumb

  • 場所:国立感染症研究所 村山庁舎
         東京都武蔵村山市学園4ー7ー1
     庁舎への
    地図
     バス停「村山団地」からの案内図(写真付・PDF)

  • ※駐車場には限りがありますので、混雑時にはお待ちいただく場合がございます。

  • 日時:2019年7月27日(土)13:00-17:00(入場は16:30まで)
  • 入場無料

ご家族やご友人をお誘い合わせの上、たくさんの皆さまのご来場をお待ちしております。

詳細は、こちらのブログで、随時更新していきます

Copyright 1998 National Institute of Infectious Diseases, Japan

Top Desktop version