国立感染症研究所

FETPsix2013

1.感染症危機管理事例の疫学調査(2016〜2017年度)

調査の相談はこちら をご参照ください。

2.感染症サーベイランス情報の解析・評価

  • 全数・定点報告疾患の常時監視
  • サーベイランス結果の解析・還元
  • サーベイランスシステム評価

詳細はこちら

3.感染症危機管理情報の発信

4.感染症の疫学研究(2017年度FETP18期生の長期研究)

  •    日本における重症熱性血小板減少症候群の疫学的特徴の変化と予後予測因子2013年3月~2017年10月
  •    成人侵襲性肺炎球菌感染症に対する23価莢膜ポリサッカライドワクチンの有効性について
  •    異性間性的接触による梅毒感染リスクに関する症例対照研究
  •    徳之島における流行性耳下腺炎の地域流行の疫学と疾病負荷に関する研究

2017年度論文業績

2016年度論文業績

2015年度論文業績

5.感染症危機管理・疫学の研修

  • 国立感染症研究所での初期研修(約1ヶ月間)
  • Molecular epidemiology of infectious disease (1 week, every other year)

    - Lee Riley. Professor, Epidemiology and Infectious Diseases Division
       Head, Infectious Diseases and Vaccinology University of California,
       Berkeley School of Public Health, USA

  • Healthcare epidemiology (1 week, every other year)

    - Michael Bell. Deputy Director, Division of Healthcare Quality Promotion
       (DHQP) in the National Center for Emerging and Zoonotic Infectious
       Diseases, Centers for Disease Control and Prevention, USA

  • Biostatistics (1 week)

    - Paul Weiss. Senior Associate Professor. Biostatistics and Bioinformatics,
       Emory University Rollins School of Public Health, USA

    - Jose Binongo. Research Associate Professor. Biostatistics and
       Bioinformatics, Emory University Rollins School of Public Health, USA

  • Scientific writing workshop (1 week)

    - James Fielding, Researcher, The Peter Doherty Institute for Infection
       and Immunity, Australia

研修の様子はこちら

6.感染症危機管理・疫学に関する教育経験

  • 感染症危機管理研修会(全国及び地方ブロックなど)
  • 自治体からの依頼に基づく講演会
  • 地方衛生研究所サーベイランス業務従事者研修
  • FETP初期導入コースでのケーススタディ

Copyright 1998 National Institute of Infectious Diseases, Japan

Top Desktop version