国立感染症研究所

1.感染症危機管理事例(感染症アウトブレイク事例)の実地疫学調査(2017〜2019年度)

 

2017年度

2018年度

  • 麻疹アウトブレイク事例
  • 麻疹アウトブレイク事例
  • 多剤耐性アシネトバクター属菌院内集積事例
  • 多剤耐性アシネトバクター属菌院内集積事例
  • 医療機関内セレウス菌感染症アウトブレイク事例
  • 細菌性赤痢アウトブレイク事例
  • 麻疹アウトブレイク事例
  • バンコマイシン耐性腸球菌院内感染事例
  • 麻疹アウトブレイク事例
  • バンコマイシン耐性腸球菌院内感染事例

2019年度

  • メチシリン耐性黄色ブドウ球菌院内集積事例
  • バンコマイシン耐性腸球菌院内集積事例
  • 多剤耐性アシネトバクター属菌院内集積事例
  • 院内Salmonella Enteritidis感染症集積事例
  • 新型コロナウイルス感染症クラスター対応 多数

 

調査の相談はこちら をご参照ください。

 

また、国内の健康危機管理事例対応力強化のため、FETP研修生には研修参加、

そして研修会の講師を行っていただきます。

  • 国立感染症研究所での初期導入コース(約1ヶ月間)
  • 感染症危機管理研修会(全国及び地方ブロックなど)
  • 地方衛生研究所サーベイランス業務従事者研修
  • 自治体からの依頼に基づく講演会・研修会

 

2.感染症サーベイランス情報の解析・評価

  • 全数・定点報告疾患の常時監視
  • サーベイランス結果の解析・還元
  • サーベイランスシステム評価

詳細はこちら

 

3.感染症の疫学研究

 

2018年度FETP19期生の長期研究

  • 「風しんに関する特定感染症予防指針」改正前後における風疹症例の検査実施の動向
  • 感染症発生動向調査の届出におけるオウム病の疫学変化と性差、2007–2016年
  • 感染性発生動向調査および病原体検出情報システムから見た国内のカルバペネム耐性腸内細菌科細菌(CRE)感染症 2017年4月–2018年3月

2019年度FETP20期生の長期研究

  • G20大阪サミットにおける感染症強化サーベイランス
  • 感染症発生動向調査における百日咳の疫学情報を用いたワクチン追加接種の検討
  • 劇症型溶血性レンサ球菌感染症(STSS)の疫学所見
  • 成人肺炎球菌性髄膜炎の疫学的・細菌学的特徴
  • 職場における風しんアウトブレイク対応と第5期定期接種の活用についての検討

2019年度論文業績

2018年度論文業績

2017年度論文業績

2016年度論文業績

2015年度論文業績

 

FETP研修生には論文以外に、感染症発生動向調査週報(IDWR)、病原微生物検出情報(IASR)、

Webサイトを介した情報発信や、国内・国際学会での発表(感染症学会、TEPHINET conference など)

積極的に行っていただきます。

 

FETPでは、海外から講師を招いた疫学・統計の短期セミナーを開催しています。

  • Molecular epidemiology of infectious disease (1 week, every other year)

    - Lee Riley. Professor, Epidemiology and Infectious Diseases Division
       Head, Infectious Diseases and Vaccinology University of California,
       Berkeley School of Public Health, USA

  • Healthcare epidemiology (1 week, every other year)

    - Michael Bell. Deputy Director, Division of Healthcare Quality Promotion
       (DHQP) in the National Center for Emerging and Zoonotic Infectious
       Diseases, Centers for Disease Control and Prevention, USA

  • Biostatistics (1 week)

    - Paul Weiss. Senior Associate Professor. Biostatistics and Bioinformatics,
       Emory University Rollins School of Public Health, USA

    - Jose Binongo. Research Associate Professor. Biostatistics and
       Bioinformatics, Emory University Rollins School of Public Health, USA

  • Scientific writing workshop (1 week)

    - James Fielding, Researcher, The Peter Doherty Institute for Infection
       and Immunity, Australia

研修の様子はこちら

 

4.リスク評価

Copyright 1998 National Institute of Infectious Diseases, Japan

Top Desktop version