国立感染症研究所

病原診断
確定診断は、糞便からの病原体分離とベロ毒素の検出によってなされる。それには、便培養による菌の分離、および生化学的同定、血清型別、ベロ毒素試験等を行うことが必要となる。患者の便はそのまま、あるいは100 倍に希釈して直接分離培地に塗抹し、37 ℃で18~24 時間培養する。

Copyright 1998 National Institute of Infectious Diseases, Japan

Top Desktop version