国立感染症研究所

header2012
病原体等の輸送用包装容器 ~カテゴリーB容器 (カテゴリーA容器とは規格が異なる)

カテゴリーBの病原体および臨床検体の輸送時は、カテゴリーBまたは、カテゴリーA容器を用いて基本三重梱包で送ってください。
国内外の製品については、各メーカーのカタログ等を参照してください。


 
カテゴリーAの病原体等の輸送時は、必ずカテゴリーA用の容器を用いて基本三重梱包で送る。

WHO 感染性物質の輸送規則に関するガイダンス(2013-2014) P23~26 参照。
カテゴリーA容器を用いなければならない臨床検体についてはP36~37を参照。
基本三重梱包の構成図

各容器の特性

一次容器: 病原体等を入れるための「強固な防漏性」容器。
二次容器: 一次容器を入れるための「防漏性」かつ「非常に気密性の高い国連(UN)規格容器」。
★★★二次容器は気密性を高める必要があるため、ドライアイスは絶対に入れないこと!
三次容器:、二次容器を入れて「輸送時の衝撃から保護する壊れにくい国連(UN)規格容器」。

注:カテゴリーA容器の二次容器と三次容器は、決められた組合せの国連(UN)規格を満たしたものを使用してください。

二次容器にはドライアイス厳禁!要注意!
爆発危険マーク

密閉型のプラスチック容器(二次容器)内には絶対にドライアイスを入れないでください。
運搬中に
容器が破裂します。

 
ドライアイスを入れる場合は三次容器または オーバーパックの中に入れてください。

 

Copyright 1998 National Institute of Infectious Diseases, Japan

Top Desktop version