国立感染症研究所

真菌部第三室

(免疫制御研究室)

 

真菌感染および細菌感染に対する生体防御機構に関する免疫学的研究を行っている。また、真菌や細菌感染を予防するワクチンや新しい治療法の開発を行っている。

主な研究テーマ

●感染免疫におけるNatural Killer T 細胞の役割の解明

●肺常在性記憶型T細胞による高病原性真菌感染制御機構の解明

●呼吸器感染症(肺炎球菌・クリプトコックスなど)を予防するワクチン開発

●感染免疫における抑制性受容体LMIR3の役割の解明

●S-ニトロソ化蛋白を用いた侵襲性真菌感染症に対する新規治療法の開発

●播種性カンジダ症の病態の解明

メンバー構成

室長
山越 智
主任研究官
上野圭吾
研究員
高塚翔吾
流動研究員
林﨑浩史
協力研究員
酒井 純(埼玉医科大学 感染症科・感染制御科)
研究生
大谷淑子(東京理科大学 基礎工学研究科 生物工学専攻)
柳原 尚 (東京理科大学 基礎工学研究科 生物工学専攻)
川久保 俊(早稲田大学 先進理工学研究科 生命医科学専攻)
実験補助員
橋本ゆき
伊達琴恵

 

平成30年8月1日
真菌部
山越 智

Copyright 1998 National Institute of Infectious Diseases, Japan

Top Desktop version