国立感染症研究所

村山庁舎一般公開イベント紹介「研究者のラボ体験」

2017年7月29日(土)開催の村山庁舎一般公開の内容を一部紹介いたします。

研究者のラボ体験

 

種類:ラボ体験
対象:小学生以上

研究者ラボ体験では、研究者がどんな道具を使って、細菌やウイルスの研究をしているかを見たり、体験していただけます。
それぞれのブースを体験して、スタンプを集めてみよう。
三つのスタンプを集めると、感染研オリジナルグッズがもらえます。

各ブースの説明に飛ぶ【実験道具ブース細菌ブースウイルスブース

 


 


実験道具ブース

研究者は、色々な実験道具を使って感染症の研究をしています。
このブースでは、たくさんの実験道具、機器を展示します。
もしかすると、学校の授業では見たのことのない道具があるかもしれません。
実際に、研究者が使っている道具を見たり使ったりしてみましょう。

2017m lab1 実験道具ブース

各ブースの説明に飛ぶ【実験道具ブース細菌ブースウイルスブース

 


 

細菌ブース

細菌はとても小さいため、専用の機器がないと見ることはできません。
「顕微鏡で細菌を見る」を体験してみましょう。
普通は見えない細菌ですが、数が増えると見えるようになります。
数が増えるとどのようになるのか見てみましょう。
また、動画の展示もありますので、動いている細菌もご覧いただけます。

2017m baclab1 2017m baclab2

 各ブースの説明に飛ぶ【実験道具ブース細菌ブースウイルスブース

 


 

ウイルスブース

目では見えないウイルスを色々な方法で「見る」ことができる体験ブースです。
インフルエンザが増える卵のひみつを観察したり、ウイルスの遺伝子を解読したり、といったことを実際体験していただけます。また、増えたウイルスを確認する方法をいくつかご紹介します。

2017m virlab 

 

このイベントは、自由参加型です。混雑時は、譲り合って遊んでください。

 

 

場所:国立感染症研究所 村山庁舎
     東京都武蔵村山市学園4ー7ー1
 庁舎への
地図
※駐車場には限りがありますので、混雑時にはお待ちいただく場合がございます。

日時:2017月29日(土)13:00-17:00(入場は16:30まで)

入場無料

ご家族やご友人をお誘い合わせの上、たくさんの皆さまのご来場をお待ちしております

 

詳細は、こちらのブログで、随時更新していきます

Copyright 1998 National Institute of Infectious Diseases, Japan

Top Desktop version