国立感染症研究所

IASR-logo

2016年の長崎県対馬市における日本脳炎患者発生に伴う媒介蚊およびイノシシの調査

(IASR Vol. 38 p.157-158: 2017年8月号)

はじめに

日本脳炎は, 日本脳炎ウイルス(Japanese encephalitis virus, 以下JEV)の感染により引き起こされる急性ウイルス感染症である。本疾患は, 主にコガタアカイエカCulex tritaeniorhynchusが媒介する蚊媒介感染症として知られており, 蚊からブタ(ときに野鳥), ブタから蚊の感染サイクルを形成している1)。本邦における感染症発生動向調査に基づく患者報告数は, 1990年代以降, 10名以下で推移しており, 長崎県においても2001~2009年まで患者報告がない状態が続いた。しかしながら2010年以降は, 2010年に1例, 2011年に2例, 2013年に1例(死亡例)が報告されている。このような中, 2016年8月中旬~9月中旬にかけて, 長崎県の離島である対馬市において4名の日本脳炎患者が続発するという稀有な事例が発生した(本号5ページ参照)。対馬市にはウイルス増幅動物となるブタが飼育されておらず, また媒介蚊に関する継続的な調査資料がないことから, 原因究明を目的に媒介蚊およびブタ非飼育地域における増幅動物として可能性のあるイノシシについて, JEVの感染状況, 特にウイルス分離を主とした調査を行ったのでその概要を報告する。

調査方法

媒介蚊調査:2016年10月に対馬市内の患者宅周辺4地点および牛舎・鶏舎3地点で1夜, 患者宅周辺1地点および牛舎・鶏舎2地点で1夜の計2夜, のべ10地点で調査した。ブラックライトトラップおよびCDCドライアイストラップを用いて蚊を捕集し, 分類・同定した。分類後の蚊は調査日, 地点, 種類および雌雄ごとに最大20個体を1プールとして, 検出マニュアル2) に基づくJEV遺伝子検索とウイルス分離試験に供した。

イノシシ調査:2016年10~11月にかけて対馬市内で捕獲されたイノシシSus scrofaを対象とし, 解体処理時に採取された血液から分離して得られた血清を, JEVに対する血中抗体(抗JEV-IgM, 抗JEV-IgG)価測定, 検出マニュアルに基づくJEV遺伝子検索およびウイルス分離試験に供した。

結果および考察

媒介蚊調査で得られた蚊の捕集結果をに示す。JEVの主要な媒介蚊として知られるコガタアカイエカは捕集された蚊4,155個体中152個体であり, 最も多く捕集されたのはキンイロヤブカAedes vexansの3,904個体であった。捕集時期が10月であり, コガタアカイエカを始め, その他の種類の蚊の発生のピークも過ぎているため, 全体的に捕集数が少なかったものと考えられた。

イノシシ調査の結果, 19頭分のイノシシ血清が得られた。これらを用いて抗JEV-IgM抗体および抗JEV- IgG抗体を測定した結果, 最近の感染の指標である抗JEV-IgM抗体陽性の個体は確認できなかったが, 感染歴の指標となる抗JEV-IgG抗体陽性の個体は19頭中6頭(31.6%)であった。したがって, ブタが存在しないこの地域にあっては, イノシシが増幅動物となっている可能性が示唆された。

次に両調査で得られた4,155個体246プールの媒介蚊および19頭分のイノシシ血清を用いてJEVの探索を試みたが, JEV遺伝子の存在は確認できず, さらにウイルスも分離されなかった。

今回実施した媒介蚊およびイノシシを対象とした調査結果からは, 明らかな感染経路等の原因究明の同定に繋がる結果は得られなかった。これは媒介蚊の調査時期が患者発生を確認した後の10月であり, 一般的な蚊の活動時期のピークを過ぎていたこと等が原因として挙げられる。しかしながらイノシシの抗体保有調査では31.6%のイノシシが抗JEV-IgG抗体陽性であり, このことは対馬市におけるJEVの分布を明確に示すものである。従って, 日本脳炎の流行状況の把握と予防に向けた取り組みとして, 今後も対馬市でのJEVの媒介蚊および日本脳炎流行におけるイノシシの役割について引き続き調査を継続していく必要があると考えられた。

謝 辞:媒介蚊捕集調査にご協力いただいた長崎大学熱帯医学研究所の森田公一教授, 同研究所病害動物学分野の砂原俊彦先生, 比嘉由紀子先生, 二見恭子先生, 現地蚊捕集に協力いただいた畜産農家および対馬振興局, イノシシ血清サンプル採取に協力いただいた対馬市役所および対馬保健所の関係各位に感謝する。

 

参考文献
  1. Morita K, et al., Rev Sci Tech Off Int Epiz 34(2): 441-452, 2015
  2. 病原体検出マニュアル 平成25年8月8日改訂 「日本脳炎」

 

長崎県環境保健研究センター
 吉川 亮* 松本文昭 三浦佳奈 山下綾香(*現所属は長崎県諫早食肉衛生検査所)
長崎県対馬保健所
 西畑伸二 村木伸幸
長崎県医療政策課感染症・がん対策班
 竹野大志

Copyright 1998 National Institute of Infectious Diseases, Japan

Top Desktop version