国立感染症研究所

      平成29年12月4日更新 (担当:花田)

細胞化学部では、病原体の感染増殖に関わる宿主細胞の分子や機能を生化学、細胞生物学、遺伝学を中心とした科学的手法を駆使して解明し、感染症対策に資する知見や材料を世の中に提供することを目的としています。また、蛋白質性感染病原体プリオンについては、研究に加えて牛海綿状脳症(BSE)行政検査を担当し、食の安全に貢献しています。さらに、生物学的製剤の承認前検査や所内外の委員会活動などを通じて、我が国で流通する医薬品の品質の維持向上にも努めています。

 

 

お知らせ



各研究室と部員の紹介

細胞化学部部長のもとに4つの研究室から構成されています。

CurrStatus171204

部長や各室のHPは以下を参照ください。

最近の業績

感染研の年報にまとめてあります。 細胞化学部(No.10)をクリックして閲覧下さい。

感染研年報一覧へ

 

Copyright 1998 National Institute of Infectious Diseases, Japan

Top Desktop version