国立感染症研究所

IASR-logo
 

A型肝炎 2015年~2019年3月現在

(IASR Vol. 40 p147-148:2019年9月号)

A型肝炎は, ピコルナウイルス科(Picornaviridae)ヘパトウイルス属(Hepatovirus)のA型肝炎ウイルス(hepatitis A virus: HAV)感染による急性感染症である。HAVの血清型は1種類で, 遺伝子型により6つ(I~VI型)に分類される。ヒトから検出されるのは遺伝子I~III型のウイルスで, それぞれがAとBのサブグループに分けられる。HAVは, 汚染された食物や水の摂取によって, または感染者との直接的な接触によって伝播する。上下水道等, 衛生環境が整備された先進国においては, A型肝炎の大規模な集団発生は稀になったが, 男性間性交渉者(men who have sex with men: MSM)や注射薬物使用者(persons who inject drugs: PWID)の間で発生があることが知られる。

Copyright 1998 National Institute of Infectious Diseases, Japan

Top Desktop version