国立感染症研究所

IASR-logo

母体の乾燥胎盤含有カプセルの摂取に関連した新生児遅発型B群溶血性連鎖球菌感染症, 2016年―米国オレゴン州

(IASR Vol. 38 p.207: 2017年10月号)

2016年9月, 米国オレゴン州で, 早発型B群溶血性連鎖球菌(GBS)菌血症の治療完了(11日間のアンピシリン投与)の5日後に遅発型GBS菌血症を発症した新生児症例が報告された。児は満期産児で, 妊娠中の合併症はなく, 妊娠37週時点での母体の膣・直腸培養はGBS陰性であった。また, 搾乳した母乳からもGBSは検出されなかった。

Copyright 1998 National Institute of Infectious Diseases, Japan

Top Desktop version