国立感染症研究所

発生動向調査年別報告数一覧(全数把握)

 

 

 一類~三類感染症 (全数)

1.2018年は2019年10月26日現在報告数。
2.対象感染症の類型および名称は2018年12月31日現在。「感染症法における感染症の一覧」
3.1999年の報告数は1999年4月からの報告数である。
4.部分の数値は2003年11月5日からの報告数である。
5.部分の数値は2006年4月1日からの報告数である。
6.部分の数値は2007年4月1日からの報告数である。
7.部分の数値は2008年5月12日からの報告数である。
8.部分の数値は2015年1月21日からの報告数である。
9.年の区切りについては2018年診断週を参照。
10.2019年は年報集計前につき、病型別になっていないがIDWR 2019年第52号に掲載している第52週のデータ
https://www0.niid.go.jp/niid/idsc/idwr/IDWR2019/idwr2019-52.pdf≫を参照 (2020年1月8日現在報告数)。
11.2015年は2019年1月24日現在報告数
 
一類感染症

 

西暦 元号 エボラ出血熱 クリミア・コンゴ
出血熱
痘そう 南米出血熱 ペスト マールブルグ
ラッサ熱
99
平成11
0
0
...
...
0
0
0
00
12
0
0
...
...
0
0
0
01
13
0
0
...
...
0
0
0
02
14
0
0
...
...
0
0
0
03
15
0
0
0
...
0
0
0
04
16
0
0
0
...
0
0
0
05
17
0
0
0
...
0
0
0
06
18
0
0
0
...
0
0
0
07 19 0 0 0 0 0 0 0
08 20 0 0 0 0 0 0 0
09 21 0 0 0 0 0 0 0
10 22 0 0 0 0 0 0 0
11 23 0 0 0 0 0 0 0
12 24 0 0 0 0 0 0 0
13 25 0 0 0 0 0 0 0
14 26 0 0 0 0 0 0 0
15 27 0 0 0  0 0 0 0
16 28 0 0 0 0 0 0 0
17 29 0 0 0  0 0 0 0
18 30 0 0 0 0 0 0 0

 

二類感染症

 

西暦 元号 急性灰白髄炎   結  核  
野生株
由来
ワクチン株
由来
VDPV由来 その他 不明 2006年3月
31日以前
99
平成11
... ... ... ... ... 0 ...
00
12
... ... ... ... ... 0 ...
01
13
... ... ... ... ... 0 ...
02
14
... ... ... ... ... 0 ...
03
15
... ... ... ... ... 0 ...
04
16
... ... ... ... ... 0 ...
05
17
... ... ... ... ... 0 ...
06
18
0 0 0 0 0 0 ...
07 19 0 1 0 0 0 ... 21,946
08 20 0 2 0 0 0 ... 28,467
09 21 0 0 0 0 0 ... 27,002
10 22 0 2 0 0 0 ... 26,906
11 23 0 1 0 0 0 ... 31,483
12 24 0 0 0 0 0 ... 29,317
13 25 0 1 0 0 0 ... 27,052
14 26 0 0 0 0 0 ... 26,629
15 27 0 0 0 0 0 ... 24,520
16 28 0 0 0 0 0 ... 24,669
17 29 0 0 0 0 0 ... 23,427
18 30 0 0 0 0 0 ... 22,448

 

西暦 元号 ジフテリア 重症急性呼吸器
症候群(SARS)†
中東呼吸器
症候群(MERS)‡
鳥インフルエンザ
(H5N1)*
鳥インフルエンザ
(H7N9)
99
平成11
1
...
 ... ... ...
00
12
0
...
... ... ...
01
13
0
...
... ... ...
02
14
0
...
... ... ...
03
15
0
0
... ... ...
04
16
0
0
... ... ...
05
17
0
0
... ... ...
06
18
0
0
... ... ...
07 19 0 0 ... ... ...
08 20 0 0 ... 0 ...
09 21 0 0 ... 0 ...
10 22 0 0 ... 0 ...
11 23 0 0 ... 0 ...
12 24 0 0 ... 0 ...
13 25 0 0 ... 0 ...
14 26 0 0 ... 0 ...
15 27 0 0 0 0 0
16 28 0 0 0 0 0
17 29 0 0 0 0 0
18 30 0 0 0 0 0

*  2008年5月12日より、インフルエンザ(H5N1)は指定感染症から二類感染症の鳥インフルエンザ(H5N1)に変更された。
†  2003年11月5日より、重症急性呼吸器症候群(病原体がSARSコロナウイルスであるものに限る。)は指定感染症から一類感染症となったが、2007年4月1日より、二類感染症の重症急性呼吸器症候群(病原体がコロナウイルス属SARSコロナウイルスであるものに限る。)に変更された。また、2015年1月21日より、重症急性呼吸器症候群(病原体がベータコロナウイルス属SARSコロナウイルスであるものに限る。)に名称が変更された。
‡  2015年1月21日より、中東呼吸器症候群(病原体がベータコロナウイルス属MERSコロナウイルスであるものに限る。)、および鳥インフルエンザ(H7N9)は指定感染症から二類感染症に変更された。

 

三類定感染症

 

西暦 元号 コレラ 細菌性赤痢 腸管出血性大腸菌
感染症
腸チフス パラチフス
99
平成11
39 620
3,117
72 30
00
12
58 843
3,648
86 20
01
13
50 844
4,435
65 22
02
14
51 699
3,183
62 35
03
15
24 473
2,999
63 44
04
16
86 604
3,764
71 91
05
17
56 553
3,589
50 20
06
18
45 490
3,922
72 26
07 19 13 452 4,617 47 22
08 20 45 320 4,321 57 27
09 21 16 181 3,889 29 27
10 22 11 235 4,134 32 21
11 23 12 300 3,940 21 23
12 24 3 214 3,768 36 24
13 25 4 143 4,044 65 50
14 26 5 158 4,151 53 16
15 27 7 156 3,573 37 32
16 28 9 121 3,647 52 20
17 29 7 141 3,904 37 14
18 30 4 268 3,854 35 23

 

 

 

 

Copyright 1998 National Institute of Infectious Diseases, Japan

Top Desktop version