国立感染症研究所

事例概要

  • 2022年4月以降、欧米で月齢1ヶ月から16歳までの小児の重症急性肝炎症例の集積が報告されている。4月21日時点で、世界保健機関(WHO)の症例定義に合致する症例は、計12か国(欧州11カ国、米州1カ国)から約170例報告されている。そのうち、英国からの報告が最も多く114例が報告されている。
  • 4月21日時点で症例の約10%(17例)が肝移植を要し、死亡例1例が報告されている。
  • 小児の原因調査中の肝炎症例の報告数の増加は続いているが、真の症例数の増加なのか、認知度の上昇の影響を受けたものかは明らかでない。
  • 最も多く検出された病原体はアデノウイルス(74例)であり、原因として疑われている。急性肝炎は、従来、典型的なアデノウイルスの臨床像ではなく、引き続き、リスク因子検証のための疫学調査と、化学物質や他の病原体を含めた原因探索が行われている。
  • 現時点では、アデノウイルスを原因の一つとして想定した基本的な感染対策、つまり、手指衛生や飛沫感染予防等の注意喚起が行われている。

 

複数国で報告されている小児の急性肝炎について (第2報)

欧米での小児重症急性肝炎の報告について

アデノウイルス感染症と肝炎について

 

更新履歴

2022/5/10時点 注)タイトル変更

「複数国で報告されている小児の急性肝炎について」

2022/4/25時点

「欧米での小児重症急性肝炎の発生について」  

Copyright 1998 National Institute of Infectious Diseases, Japan

Top Desktop version