国立感染症研究所

IASR-logo

RSウイルス感染症 2014年1月~2018年9月

(IASR Vol. 39 p207-209: 2018年12月号)

RSウイルス(respiratory syncytial virus; RSV)は, ニューモウイルス科に分類されるRNAウイルスである(本号7ページ)。ニューモウイルス科には, ヒトメタニューモウイルス(本号11ページ)を含むメタニューモウイルス属とRSVを含むオルソニューモウイルス属がある。RSVは, G遺伝子の塩基配列を基盤とした分子系統解析により, RSV-AとRSV-Bの2つのサブグループに分類される(本号7&9ページ)。RSVは飛沫および接触感染により伝播する。生後1歳までに50%以上が, 2歳までにほぼ100%がRSVの初感染を受けるが, 終生免疫は獲得されない。乳幼児における肺炎の約50%, 細気管支炎の50~90%がRSV感染によるとされる。

Copyright 1998 National Institute of Infectious Diseases, Japan

Top Desktop version