国立感染症研究所

国立感染症研究所 実地疫学研究センター
感染症疫学センター
2023年2月3日現在
(掲載日:2023年9月27日)

ペニシリン耐性肺炎球菌(Penicillin-resistant Streptococcus pneumoniae: PRSP)感染症は、1999年4月に施行された感染症法で四類定点把握対象疾患に、また、2003年11月の感染症法の改正では五類定点把握対象疾患となり、現在、基幹定点医療機関(病床数300以上の内科又は外科を標榜する病院で、全国約500定点)の医師がPRSP感染症と診断した場合、月単位で届出ることが義務づけられている。

PRSP感染症としての届出対象はPRSPにより発症した患者であり、保菌しているだけの者は対象外である(届出基準、届出票についてはhttps://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou11/01-05-37-01.html 参照)。なお、感染症法に基づく届出の基準として示されたPRSPの判定基準値は病院で用いられている判定基準値と異なることがある(文末参考)。

Copyright 1998 National Institute of Infectious Diseases, Japan

Top Desktop version