国立感染症研究所

国立感染症研究所 感染症疫学センター
2019年12月27日現在
(掲載日:2020年8月5日)

バンコマイシン耐性腸球菌(Vancomycin-resistant Enterococci: VRE)感染症は、感染症法が施行された1999年4月以降、四類感染症の全数把握対象疾患となり、2003年11月の改正以降、五類感染症全数把握対象疾患となった。届出上の定義は2013年3月に一度変更され(同年4月施行)、「バンコマイシン耐性遺伝子(vanA、vanB、vanC)を保有する腸球菌(VRE)による感染症である。」から、現行の「バンコマイシンに対して耐性を示す腸球菌(VRE)による感染症である。」となり、耐性遺伝子の検出による届出基準が削除された。届出対象はVREによる感染症を発症した患者であり、保菌者は対象外である(届出基準、届出票についてはhttp://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou11/01-05-14-01.html参照)。なお、届出票の「症状」については届出時点の臨床診断名であり、VREが検出された検体との一致を求めてはいない。また、感染症法上のVRE判定基準値は病院でしばしば用いられる基準と異なることがある(文末参考)。

2019年12月27日現在、2018年第1週[2018年1月1日]~第52週[2018年12月30日]に診断されたVRE感染症は80例であり(図1)、届出時の死亡例は3例(4%)であった。性別は男性が41例(51%)、診断時年齢の中央値は76歳(四分位範囲67-84歳、範囲38~99歳)で、65歳以上が全体の80%を占めた(図2)。診断名は尿路感染症28例(35%)、菌血症18例(23%)、の順に多かった。分離検体は尿が38%と最も多く、次いで血液28%が多かった(表1)。菌種は、記載のあった78例のうちEnterococcus faecium 67例(84%)、Enterococcus faecalis 5例(6%)、Enterococcus casseliflavus 2例(3%)の順に多く報告されていた(表2)。VREの耐性遺伝子の検出については27例(34%)で記載があり、内訳はvanA遺伝子 13例(48%)、vanB遺伝子 14例(52%)であった。19都道府県59医療機関から報告があり、大阪府(24例)や東京都(7例)が多かった。

VRE感染症の報告は2017年以降、年間約80例と2013年-2016年に比べてやや増加していた。2018年の報告は、性別と年齢の分布に変化を認めなかったが、検体はこれまで25%前後であった尿検体が38%と増え、血液検体より多く報告されていた。分離菌種は、E. faeciumが8割前後報告されていた2017年と同様の傾向が続いていた。

IASR-logo
 

大阪府南部の中小病院におけるバンコマイシン耐性腸球菌の患者集積事例

(IASR Vol. 40 p87-88:2019年5月号)

大阪府南部の一般病棟と療養型病棟を有する中小病院において, 2017~2018年にかけてバンコマイシン耐性腸球菌(Enterococcus faecium, 以下VRE)の患者集積事例が発生し, 同院と関係機関が対策を行った。その対応の中で大病院と異なる中小病院における薬剤耐性菌対策の課題がみえてきたため, その過程とともに紹介する。

国立感染症研究所 感染症疫学センター
2018年10月27日現在
(掲載日:2019年5月23日)

バンコマイシン耐性腸球菌(VRE)感染症は、感染症法が施行された1999年4月以降、四類感染症の全数把握対象疾患となり、2003年11月の改正以降、五類感染症全数把握対象疾患となった。届出上の定義は2013年3月に一度変更され(同年4月施行)、「バンコマイシン耐性遺伝子(vanAvanBvanC)を保有する腸球菌(VRE)による感染症である。」から、現行の「バンコマイシンに対して耐性を示す腸球菌(VRE)による感染症である。」となり、耐性遺伝子の検出による届出基準が削除された。届出対象はVREによる感染症を発症した患者であり、保菌者は対象外である(届出基準、届出票についてはhttp://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou11/01-05-14-01.html参照)。なお、届出票の「症状」については届出時点の臨床診断名であり、VREが検出された検体との一致を求めてはいない。また、感染症法上のVRE判定基準値は病院でしばしば用いられる基準と異なることがある(文末参考)。

国立感染症研究所 感染症疫学センター
2017年11月14日現在
(掲載日:2018年1月23日)

バンコマイシン耐性腸球菌(VRE)感染症は,感染症法が施行された1999年4月以降,五類の全数把握対象疾患となった。届出上の定義は2013年3月に一度変更され(同年4月施行)、「バンコマイシン耐性遺伝子(vanA,vanB,vanC)を保有する腸球菌(VRE)による感染症である。」から、現行の「バンコマイシンに対して耐性を示す腸球菌(VRE)による感染症である。」となった。届出対象はVREによる感染症を発症した患者であり、保菌者は対象外である(届出基準、届出票についてはhttp://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou11/01-05-14-01.html参照)。

集計期間
(発行日)
速報
2005年
第21号
平成17年5月23〜29日 バンコマイシン耐性腸球菌感染症1999年4月〜2004年/保育所での腸管出血性大腸菌O26とノロウイルスの複合感染事例(島根県)

Copyright 1998 National Institute of Infectious Diseases, Japan

Top Desktop version