国立感染症研究所

IASR-logo

広島県におけるバンコマイシン耐性腸球菌の地域流行

(IASR Vol. 43 p191-193: 2022年8月号)

 
はじめに

 バンコマイシン耐性腸球菌(vancomycin-resistant enterococci: VRE)感染症の届出数は全国的に増加傾向にあり, 増加の多くがバンコマイシン耐性Enterococcus faeciumによるものと推測されている1)。広島県内においても2020年以降VRE感染症の届出数が増加し, 2020年は7件, 2021年は21件の届出があり(図1), それらの多くはバンコマイシン耐性遺伝子vanAを保有するE. faeciumによるものであった。そこで, 感染症として届出のあった患者から分離された菌株と各医療機関で実施したスクリーニング検査で分離された菌株について, パルスフィールドゲル電気泳動(PFGE)法を用いた分子疫学解析および全ゲノムシーケンスによるmultilocus sequence type(MLST)解析を行ったところ, 同一クローンの地域流行が示唆されたため報告する。

IASR-logo

急性期病院におけるバンコマイシン耐性腸球菌のアウトブレイクとその感染制御に関する報告

(IASR Vol. 43 p193-194: 2022年8月号)

 
はじめに

 バンコマイシン耐性腸球菌(vancomycin-resistant enterococci: VRE)による院内感染事例の報告が近年わが国において増加し, 医療機関ではその対応に苦慮している。大阪市内の急性期病院でVREアウトブレイクが発生したが, 感染対策の強化により早期に終息した。その経緯について報告する。

IASR-logo

バンコマイシン耐性腸球菌(VRE)感染症

(IASR Vol. 42 p155-156: 2021年8月号)

 

 腸球菌属はグラム陽性球菌であり, 腸管や環境に常在し, 健常人の便培養から分離され, 尿検体に混入することもある。ヒト感染症に関与する菌種としてはEnterococcus faecalis, E. faecium, E. gallinarum, E. casseliflavusなどが挙げられ, 臨床検体から分離される腸球菌の約7割がE. faecalisである。腸球菌は日和見病原体であり, 高齢者, 糖尿病, 悪性腫瘍, 心疾患, 手術後患者などの感染防御能の低下した易感染宿主に菌血症, 心内膜炎, 尿路感染症, 腹腔・骨盤内感染症などの感染症を引き起こす。中でも菌血症, 心内膜炎は重症感染症であり, E. faeciumによる菌血症は致命率が高い。セフェム系薬やカルバペネム系薬, アミノグリコシド系薬に自然耐性を示す腸球菌による感染症において, バンコマイシンは極めて重要な抗菌薬とされている。

国立感染症研究所 感染症疫学センター
2020年10月31日現在
(掲載日:2021年4月25日)

バンコマイシン耐性腸球菌(Vancomycin-resistant Enterococci: VRE)感染症は、感染症法が施行された1999年4月以降、四類感染症の全数把握対象疾患となり、2003年11月の改正以降、五類感染症全数把握対象疾患となった。届出上の定義は2013年3月に一度変更され(同年4月施行)、「バンコマイシン耐性遺伝子(vanAvanBvanC)を保有する腸球菌(VRE)による感染症である。」から、現行の「バンコマイシンに対して耐性を示す腸球菌(VRE)による感染症である。」となり、耐性遺伝子の検出による届出基準が削除された。届出対象はVREによる感染症を発症した患者であり、保菌者は対象外である(届出基準、届出票についてはhttp://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou11/01-05-14-01.html参照)。なお、届出票の「症状」については届出時点の臨床診断名であり、VREが検出された検体との一致を求めてはいない。また、感染症法上のVRE判定基準値は病院でしばしば用いられる基準と異なることがある(文末参考)。

2020年10月31日現在、2019年第1週[2018年12月31日]~第52週[2019年12月29日]に診断されたVRE感染症は80例であった(図1)。性別は男性が40例(50%)、診断時年齢の中央値は79歳(四分位範囲72-85歳、範囲55~101歳)で、65歳以上が全体の88%を占めた(図2)。届出時の死亡例は6例(8%)であった。診断名は尿路感染症26例(33%)、菌血症20例(25%)、の順に多かった。分離検体は尿が38%と最も多く、次いで血液31%が多かった(表1)。菌種は、記載のあった77例のうちEnterococcus faecium 56例(70%)、Enterococcus casseliflavus 7例(9%)、Enterococcus faecalis 5例(6%)の順に多く報告されていた(表2)。VREの耐性遺伝子の検出については14例(18%)で記載があり、内訳はvanA遺伝子7例(50%)、vanB遺伝子3例(21%)、vanC遺伝子4例(29%)であった。21都道府県62医療機関から報告があり、大阪府(32例)や東京都(8例)が多かった。

VRE感染症の報告は2017年以降、年間約80例と概ね横ばいとなっている。2019年の報告は、2018年と比較し、性別の分布に大きな変化を認めなかったが、65歳以上の割合が80%から88%に増加した。菌分離検体の割合には著変を認めなかった。分離菌種は、Enterococcus faeciumの割合が84%から70%に低下した一方で、Enterococcus casseliflavusEnterococcus gallinarumの割合がそれぞれ3%、1%から9%、5%へ増加した。

IASR-logo

2020年におけるバンコマイシン耐性腸球菌感染症届出患者の増加について

(速報掲載日 2021/3/30) (IASR Vol. 42 p100-101: 2021年5月号)
 

 バンコマイシン耐性腸球菌(VRE)感染症は、感染症法上の5類全数把握対象疾患であり、感染症発生動向調査における届出患者数は2011~2019年まで年間100例未満で推移してきた。しかし、2020年は135例(2021年1月25日現在)と、これまで最多であった2010年の120例を超えた(図1)。届出都道府県の数で比較しても、過去10年間で届出数が55と最も少なかった2013年が15都道府県からであったのに対し、2020年は26と、都道府県数が約1.7倍に増加している。特定の地域ではなく、全国的に届出が増加していることが懸念される(図2)。

Copyright 1998 National Institute of Infectious Diseases, Japan

Top Desktop version