国立感染症研究所

国立感染症研究所 実地疫学研究センター
感染症疫学センター
2023年2月3日現在
(掲載日:2023年9月27日)

薬剤耐性アシネトバクター(Multidrug-resistant Acinetobacter sp. MDRA)感染症は、広域β-ラクタム剤(基準上はカルバペネム系を示す)、アミノ配糖体、フルオロキノロンの3系統の薬剤に対して耐性を示すアシネトバクター属菌(Multidrug-resistant Acinetobacter spp.: MDRA) による感染症である。2011年2月から感染症法における五類感染症定点把握疾患に、2014年9月19日からは五類感染症全数把握疾患となった。届出対象は薬剤耐性アシネトバクターを起因菌とする感染症を発症した患者であり、薬剤耐性アシネトバクターを保菌しているだけの者は届出の対象外である(届出基準、届出票についてはhttps://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou11/01-05-140912-4.html参照)。なお、感染症法に基づく届出の基準として示された薬剤耐性アシネトバクターの判定基準値は、病院で用いられている判定基準値と異なることがある(文末参考)。

Copyright 1998 National Institute of Infectious Diseases, Japan

Top Desktop version