国立感染症研究所

IASR-logo

麻疹 2021年7月現在

(IASR Vol. 42 p177-179: 2021年9月号)

 

 麻疹は麻疹ウイルスによる急性感染症である。主な症状は, 発熱, 発疹, カタル症状である。また麻疹ウイルスは免疫細胞に感染するため, 感染者の免疫機能を抑制し, 約3割の感染者に中耳炎, 腸炎, 脳炎, 肺炎などの合併症を引き起こし, 肺炎や脳炎を合併した場合には死亡することもある。また, 稀だが, 感染・治癒してから数年から十数年後に発症する亜急性硬化性全脳炎(SSPE)と呼ばれる予後不良の脳炎を引き起こすことがある(本号4ページ)。麻疹ウイルスは飛沫感染, 接触感染のみならず空気感染し, その感染力は極めて強い。世界保健機関(WHO)は, 2019年においては, 全世界における麻疹による死亡者数は, 2016年から約50%増加し, 207,500人になると推計している(https://www.who.int/news/item/12-11-2020-worldwide-measles-deaths-climb-50-from-2016-to-2019-claiming-over-207-500-lives-in-2019)。

Copyright 1998 National Institute of Infectious Diseases, Japan

Top Desktop version