国立感染症研究所

IASR-logo
 

麻疹2019年2月現在

(IASR Vol. 40 p49-51: 2019年4月号)

麻疹は麻疹ウイルスによる急性感染症である。主な症状は発熱, 発疹, カタル症状である。麻疹ウイルスは空気感染, 飛沫感染, 接触感染で伝播し, その感染力は極めて強い。また, 麻疹患者は高い頻度で合併症を起こし, 肺炎, 脳炎を合併した場合には死亡することもある。稀ではあるが麻疹に罹患, 回復後, 数年~10数年経てから亜急性硬化性全脳炎(subacute sclerosing panencephalitis: SSPE)と呼ばれる予後不良の脳炎を発症することもある(本号4ページ)。世界保健機関(WHO)は2017年においても開発途上国の小児を中心に109,638人が麻疹によって死亡したと推計している(https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6276384/pdf/06_mm6747a6.pdf)。

Copyright 1998 National Institute of Infectious Diseases, Japan

Top Desktop version