国立感染症研究所

IASR-logo

麻疹 2020年2月現在

(IASR Vol. 41 p53-55: 2020年4月号)

麻疹は発熱, 発疹, カタル症状を主徴とする, 麻疹ウイルスによる急性ウイルス感染症である。麻疹ウイルスは空気感染, 飛沫感染, 接触感染で伝播し, その感染力は極めて強い。潜伏期間は10~12日間, 発症の1日前から解熱後3日間がウイルスの感染期間である。不顕性感染はほとんどない。麻疹ワクチン導入前(1965年以前)には, ほとんどの人が15歳までに罹患する感染症であったが, ワクチン接種率の向上により患者数は減少, 最近は年間, 数十~数百人で推移している。また, 20歳以上の罹患者が多い。

Copyright 1998 National Institute of Infectious Diseases, Japan

Top Desktop version