国立感染症研究所

感染症発生動向調査で届出られたSFTS症例の概要

2024年4月30日現在

 

2013年3月4日、SFTSは感染症法における4類感染症、全数把握対象疾患に定められた。これまで(2024年4月30日現在)に963症例が感染症発生動向調査に届出されている。男女比は1:1で、届出時点の年齢中央値は75歳だった。 前回集計分(2024年1月31日)からの報告数(遅れ報告を含む)の増加は24例であった。

なお、感染症発生動向調査とは別に、届出が求められる前に発病した4例(すべて死亡例)が把握されているが本報告には含まれない。

  SFTS20240513_1

SFTS20240513_2 

SFTS20240513_3

SFTS20240513_4

SFTS20240513_5

SFTS20240513_6

 

(国立感染症研究所 実地疫学研究センター・感染症疫学センター・ウイルス第一部)

 

 

Copyright 1998 National Institute of Infectious Diseases, Japan

Top Desktop version