国立感染症研究所

IASR-logo
 

2019年8~9月の那覇市立病院におけるインフルエンザへの取り組み

(速報掲載日 2019/12/24)
当院の紹介

地方独立行政法人那覇市立病院は、昭和55(1980)年設立、病床数470床、職員数1100人以上の急性期病院である。特徴として、24時間365日小児科医常駐の急病センターを有し、毎月4~5千人程の受診者を受け入れている。那覇市以外や県外・海外旅行者の受診者も、年々増加傾向である。

Copyright 1998 National Institute of Infectious Diseases, Japan

Top Desktop version