国立感染症研究所

(2022年11月30日改訂)

梅毒は梅毒トレポネ−マ(学名:Treponema pallidum)による細菌性の性感染症で、世界中に広くみられる。梅毒は ”The Great Imitator (模倣の名人)” と呼ばれるように、全身に多彩な臨床症状をきたす可能性があり、適切な抗菌薬治療を受けなければ、深刻な健康上の影響が起こりうる。また、母子感染により、流産、死産、先天梅毒などを起こしうる。梅毒は、症例数が多いこと、治療に有効な抗菌薬があること、適切な抗菌薬治療により母子感染を防ぎうることなどから、公衆衛生上重点的に対策をすべき疾患として位置付けられている。

疫学

世界では、ペニシリンの普及により、第二次世界大戦後に梅毒の発生は激減した。しかし1990年頃から、複数の国で再流行がみられた。世界保健機関によると、2016年には、世界中で年間約630万人(15~49歳)が梅毒に新規に罹患したと推計されている。

日本においては、1948年から性病予防法に基づいた梅毒の全数報告が開始された。1999年4月からは、感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(感染症法)に基づく感染症発生動向調査の全数報告対象疾患となり、届出基準として検査診断が求められるようになった。このようなサーベイランス上の変化はあったものの、日本では1960年代後半に10,000例を超える大規模な流行がみられた後、小規模な報告数の増加を繰り返しながら全体としては減少し、2000年代には500~900例程度となっていた。しかし、2011年頃から増加傾向となり、2019~2020年に一旦減少したものの、2021年以降再度増加に転じた。2022年第1〜42週(2022年1月3日〜10月23日)に診断された梅毒症例の報告数は10,141例となり(2022年10月26日週報集計時点)、約半世紀ぶりの高い水準となった(IDWR 2022年第42号<注目すべき感染症> 梅毒)。近年の傾向として、異性間性的接触による報告数の増加が認められている。また年齢分布については、男性は20~50代、女性は20代に多い。直近6カ月以内の性風俗産業の利用歴・従事歴については、2022年第3四半期(第27~39週)に診断された症例において、男性の4割が利用歴あり、女性の4割が従事歴ありと報告された。先天梅毒は2018年以降、年間20例前後報告されており、2000年代の概ね10例未満と比べて高い水準となっている。

Copyright 1998 National Institute of Infectious Diseases, Japan

Top Desktop version