国立感染症研究所

IASR-logo

麻疹排除状態における輸入麻疹発生時対応の経験―茨城県

(IASR Vol. 37 p. 163-164: 2016年8月号)

概 要

モンゴルから帰国した0歳児が麻疹を発症した。患者は診断がつくまでに医療機関を延べ4回受診していた。当所は, 接触者に対し積極的疫学調査, 緊急ワクチン接種等の説明および健康観察を実施し, 二次感染者なく終息に至った。この事例における対応について報告する。

最終更新日 2016年8月17日(水曜)15:42

参照数: 5721

続きを読む: 麻疹排除状態における輸入麻疹発生時対応の経験―茨城県

Copyright 1998 National Institute of Infectious Diseases, Japan

Top Desktop version