国立感染症研究所

この記事の評価: 5 / 5

Star ActiveStar ActiveStar ActiveStar ActiveStar Active
 
Identification and epidemiological study of an uncultured flavivirus from ticks using viral metagenomics and pseudoinfectious viral particles

Kobayashi D, Inoue Y, Suzuki R, Matsuda M, Shimoda H, Faizah AN, Kaku Y, Ishijima K, Kuroda Y, Tatemoto K, Virhuez-Mendoza M, Harada M, Nishino A, Inumaru M, Yonemitsu K, Kuwata R, Takano A, Watanabe M, Higa Y, Sawabe K, Maeda K, Isawa H.

Proceedings of the National Academy of Sciences (PNAS), 121 (19) e2319400121

ウイルスを網羅的に検出する手法と感染性偽ウイルス粒子を用いた調査手法を組み合わせることによって、これまで詳しい研究が困難であった難培養性フラビウイルスの解析が可能となりました。
本研究では、今回発見された難培養性フラビウイルスであるサルヤマウイルスの遺伝子配列をもとに感染性偽ウイルス粒子を作製し、これを用いた血清疫学調査によって、本ウイルスが日本国内の広範囲で流行している可能性を示しました。
この方法を用いることによって、培養が難しい特性によって病原体としてこれまで認知されていなかったウイルスや、未知のウイルスの詳しい生態・疫学調査が可能になると思われます。

本研究はAMED・JST・厚労科研・科研費の支援を受けて山口大および岡山理科大との共同で実施されました。

 

Copyright 1998 National Institute of Infectious Diseases, Japan

Top Desktop version