国立感染症研究所

ラッサ熱のリスクアセスメント 2016年6月13日時点

ラッサ熱のリスクアセスメント

2016年6月13日
国立感染症研究所

背景

ラッサ熱は、エボラ出血熱、マールブルグ病、クリミア・コンゴ出血熱とともに、ウイルス性出血熱の一疾患として感染症法上の一類感染症に分類される。自然宿主は西アフリカ一帯に生息する齧歯類の一種であるマストミスである。マストミスが生息するナイジェリアからシエラレオネ、ギニアに至る西アフリカ一帯が流行地域であり、年間10-30万人の感染者がいると推計されている1)。特にシエラレオネにおける罹患率は世界で最も高いとされる2)。1987年に行われた、シエラレオネの村落15 箇所における調査では抗体保有率は8~52%であった。抗体保有率は農村型村落で高くなる傾向があり、抗体保有率は年齢と共に上昇し、50歳代でピークに達していた。マストミスのウイルス保有率も村落により異なり0~80%であった3)。マストミスの生息状態、ヒトでの感染率からみて、ラッサ熱は西アフリカ一帯の日常生活に密着した風土病とも言える。

最終更新日 2016年6月13日(月曜)13:16

参照数: 2561

続きを読む: ラッサ熱のリスクアセスメント 2016年6月13日時点

ラッサ熱 IASR 外国情報(1997年から2011年までの記事一覧)

最終更新日 2012年2月06日(月曜)09:17

参照数: 6261

Copyright 1998 National Institute of Infectious Diseases, Japan

Top Desktop version