国立感染症研究所

黄熱のリスクアセスメント(2018年2月7日時点)

 

黄熱のリスクアセスメント

2018年2月7日
国立感染症研究所

   

 2016年12月から2017年6月にかけて、ブラジル連邦共和国(以下、ブラジル)において発生した黄熱の流行は、2017年9月6日にブラジル保健省により終息が宣言された。しかし、終息宣言の後もSao Paulo州を中心にヒトおよび動物における黄熱の症例が報告されており、WHOは2018年1月16日に、新たにSao Paulo市の市街地を含むSao Paulo州全域を黄熱の伝播リスクのある地域に含めた。これを受け、今回リスクアセスメントを更新した。

 

黄熱のリスクアセスメント(2018年2月7日現在)(PDF)

 

最終更新日 2018年2月07日(水曜)21:06

参照数: 3023

Copyright 1998 National Institute of Infectious Diseases, Japan

Top Desktop version